GMTマスター Ref.16753

GMT-MASTER Ref.16753

GMTマスター Ref.16753

ケース素材: ステンレススチール+18Kイエローゴールド
ブレス素材: ステンレススチール+18Kイエローゴールド
ベゼル 24時間回転ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3075
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 約48時間
製造期間: 1980年頃~1988年

 

1980年頃に登場したGMTマスターのサードモデル(コンビ素材)Ref.16753。
前モデルRef.1675/3から大きなデザイン変更はないが、ムーブメントをハイビート仕様のCal.3075へ変更することで高精度化が図られ、防水性能も50mから100mへスペックアップを果たした。また、Cal.3075は、カレンダーのクイックチェンジ機能を備えているため、操作性も飛躍的に向上している。

パイロットウォッチとして誕生したGMT-MASTERは、当初よりハイクラスなスポーツモデルとして位置づけられていた為、サードモデルとなるRef.16750系には当然、コンビモデルと金無垢モデルも存在していた。コンビモデルであるRef.16753の文字盤には、ブラウンダイヤルとブラックダイヤルの2種類が存在。初期タイプはインデックスがアップライト仕様の藤壺ダイヤルである。

 

前モデル(Ref.1675/3)からの主な変更点

文字盤: 前モデルの藤壺ダイヤル(初期タイプ)には王冠マークがアップライトのものが存在したが、Ref.16753の藤壺ダイヤルはすべて王冠マークがプリントである。
 
機能: 防水性能が50mから100mへスペックアップ
 
ムーブメント: Cal.1570(毎時19800振動)からCal.3075(毎時28800振動)へ変更
Cal.3075:クイックチェンジ機能を搭載。
 

 

Ref.16753発売後の主なマイナーチェンジ

初期はインデックスがアップライト仕様の藤壺ダイヤルであるが、後期は通常のバーインデックスタイプとなった。

 

 








top フォーラム GMTマスター Ref.16753

  • #8706

    sironeko

    文字盤の色目も綺麗で、以外と落ち着いた雰囲気が気に入りました。イエローゴールドとブラウンの相性が格好良い!!
    他のモデルでもこの組み合わせは見ないですし、あまり着けている人がいないのも魅力的に感じます!

この記事にレビューするには ログイン してください 。