GMTマスター Ref.1675/3

GMT-MASTER Ref.1675/3

ロレックス GMTマスター Ref.1675/3

ケース素材: ステンレススチール+18Kイエローゴールド
ブレス素材: ステンレススチール+18Kイエローゴールド
ベゼル 24時間回転ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 50m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1570
振動数: 19800振動
パワーリザーブ: 約36~48時間
製造期間: 1960年~1980年頃

 

1960年頃デビューのセカンドモデルよりラインナップに追加されたステンレスと18KイエローゴールドのコンビモデルRef.1675/3。GMTマスターは、ハイクラスなスポーツモデルとして位置づけられていたため、ファーストモデルより金無垢モデルが存在していた。
文字盤は、ブラックとブラウンの2種類が用意され、立体的なアップライトインデックスを備えた「通称:フジツボダイヤル」が脚光を浴び、コンビモデルとしては異例のヒットを記録した。

1960年代から1980年代はブレスレットにも改良が施された時期であり、生産期間の長かったRef.1675系にはリベットブレス巻き込みブレス、ハードタイプといった様々なパターンのブレスが存在している。しかし、近年状態の良いリベットや巻き込みブレスが激減しており且つ、Ref.1675/3のコンビブレスの巻き込み、リベットとなればその入手は極めて困難なものとなってきている。海外ではブレスだけでも高値で取引される為、ブレスの付いてないヘッドのみでのRef.1675ならびにRef.1675/3も増えてきている。

 

前モデルからの主な変更点

コンビモデルは、Ref.1675/3がファーストモデルになるため、前モデルからの変更点は無い。

Ref.1675/3発売後の主なマイナーチェンジ

初期の藤壺ダイヤルは王冠マークがアップライトであるが、後期型の王冠マークはプリントタイプである。

 

 








top フォーラム GMTマスター Ref.1675/3

この記事にレビューするには ログイン してください 。