サブマリーナー Ref.1680

SUBMARINER Ref.1680

ロレックス サブマリーナー Ref.1680
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 回転ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 200m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1570
振動数: 19,800振動
製造期間: 1965年~1980年頃

 

サブマリーナーに初めてカレンダー機能が搭載され、2.5倍に拡大するサイクロップレンズ付きデイト表示を装備したロレックス最初のダイバーズである。

また、防水性を高めたトリプロックリューズを採用したのがこのモデルからとなるが、初期生産分にはツインロックリューズも存在する。Ref.1680を皮切りに標準搭載されたロレックス独自の防水構造を持つトリプロックリューズは、これまでリューズ側にだけ備えていたゴムパッキンを、チューブ側にも2つ設け、リューズを締めた際のゴム圧によって気密性を高め、より信頼性の高い防水性能を実現した。
ムーブメントには、1960年代に誕生し、20年以上に渡ってスポーツモデル全般に採用されていた、名機と名高いCal.1570が採用されている。1970年以降はリューズを引くと秒針が止まるハック機能が付いている。

Ref.1680で最も有名なのが、モデルロゴの「SUBMARINER」の表記が赤い、通称「赤サブ」である。Ref.1680の生産初期は赤サブのみの生産であった。赤サブの製造期間は1960年代後半~1970年代前半までとされるが、近年では1970年代後半でも存在している事が確認されている。
赤サブの中でも、最もコレクターアイテムとされているのは、「メーターファースト」と言われる前期型で、経年変化でダイヤルがブラウン調に変色したものは、とくに人気が高い。

 

Ref.1680発売後の主なマイナーチェンジ

ダイヤル: 赤サブについては、前期と後期で防水表記が大別されている。
・前期型:防水表記が「200m=660ft」と記載される、通称「メーターファースト
・後期型:防水表記が「660ft=200m」と記載される。
 
ブレスレット 1965年~1970年代半ば:巻きブレス(No.9315)+フラッシュフィット(No.280)
1970年代半ば~1970年代後半:巻きブレス(No.9315)+フラッシュフィット(No.380)
1970年代後半~:ハードブレス(No.93150)+フラッシュフィット(No.580)
 
リューズ 1970年頃にツインロックリューズからトリプロックリューズに変更した事で、リューズのデザインが変更された。
 

 

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.1680

  • #9431

    kamotokamoto

    赤サブを検討しながらも踏ん切りがつかず数年が経過。なかなか手にできていない状況ですが、いつか必ず手に入れたいアンティークモデルです。この文章を読むと、いろんなポイントがあるみたいで、ますます気になってきました。非常に勉強になります。

この記事にレビューするには ログイン してください 。