ムーブメント Cal.727

Movement Cal.727

ロレックス ムーブメント cal.727
キャリバー: Cal.727
ベースムーブメント: バルジュー社製Cal.72
機能: 時、分、秒、クロノグラフ機能
駆動方式: 手巻き
調整機構: マイクロステラスクリュー
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 17石
クロノメーター認定: ×(オイスター仕様の金無垢モデルに関してはクロノメーター認定を受けている)
パワーリザーブ: 約50時間
振動数: 21,600振動/時
製造年: 1960年中頃~1980年代後半

特徴

Cal.722-1の後継機種として1960年代中頃から1980年代後半まで、手巻きデイトナ第2世代(Ref.6262Ref.6264等)と第3世代(Ref.6263Ref.6265等)に搭載された傑作ムーブメント。
様々なブランドのクロノグラフモデルに採用されたバルジューCal.72をベースにロレックスが独自改良を行ったCal.727は、調整機構に「マイクロステラスクリュー」、テンプ耐震装置に当時としては最新の「キフ・ウルトラフレックス」を搭載している。更にテンプを小型化することにより振動数を18,000振動から21,600振動まで上げ精度面の向上が図られている。まさにバルジューCal.72系の進化形に相応しいムーブメントである。また、一つ一つの部品に対して面取りが施されており、ムーブメントから放たれる造形美は芸術の域に達している。
なお、ステンレスモデルにはクロノメーター認定を受けていないCal.727が搭載されているが、オイスター仕様の金無垢モデルにはクロノメーター認定のCal.727が搭載されている。

 

前ムーブメント(Cal.722-1)からの主な変更点

テンプの小型化により振動数を18,000振動/時から21,600振動/時へ変更。それにより精度が向上した。
・ヒゲゼンマイの絡み防止プレートがなくなった。

 

主な搭載モデル

ロレックス デイトナ
 Ref.6262Ref.6264Ref.6263Ref.6265(ステンレススチール)
 Ref.6262/8、Ref.6263/8、Ref.6264/8、Ref.6265/8(18Kイエローゴールド)
 Ref.6263/7、Ref.6264/7、Ref.6265/7(14Kイエローゴールド)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.727

この記事にレビューするには ログイン してください 。