ムーブメント Cal.3130

Movement Cal.3130

ロレックス ムーブメント cal.3130
キャリバー: Cal.3130
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒、ハック機能
駆動方式: 自動巻き
調整機構: マイクロステラナット
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 31石
クロノメーター認定: ○(Ref.14060M/~2007年、Ref.14000Mは認定を受けていない)
パワーリザーブ: 48時間
振動数: 28,800振動/時
製造年: 2000年~現在

特徴

Cal.3000の後継機種として2000年に登場したノンデイト・ムーブメントCal.3000からの変更点として、テンプを支えるブリッジが1本から2本に変更、調整機構がマイクロステラスクリューからマイクロステラナットに変更された事で、精度の安定性、メンテナンス性が向上された。
また、ゼンマイはCal.3000の平ヒゲゼンマイに比べ姿勢差による精度への影響を受けにくい、巻き上げヒゲゼンマイが採用されている。
2014年現在、Cal.3130を搭載したモデルは全てクロノメーター認定を受けているが、2000年から2007年までRef.14060MRef.14000Mはクロノメーター認定を受けておらず、Ref.14000Mの生産終了、Ref.14060Mが2007年にクロノメ―ター化した事により、ロレックスのノンクロノメーターは姿を消した。

 

前ムーブメント(Cal.3000)からの主な変更点

テンプを支えるブリッジが1本から2本へ変更。
・ヒゲゼンマイが平ヒゲから巻き上げヒゲゼンマイへ変更。
・マイクロステラスクリューがマイクロステラナットへ変更。

Cal.3130の主な仕様変更

・2012年:ヒゲゼンマイの素材がブルーパラクロムへ変更された事により、耐磁性、耐衝性が向上された。

 

主な搭載モデル

ロレックス エクスプローラーI
 Ref.114270(ステンレススチール)

ロレックス サブマリーナー
 Ref.114060Ref.14060M(ステンレススチール)

ロレックス エアキング
 Ref.114200Ref.114210Ref.14000MRef.14010MRef.116000(ステンレススチール)
 Ref.114234Ref.114234G(ステンレススチール+ホワイトゴールド)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.3130

この記事にレビューするには ログイン してください 。