ムーブメント Cal.3035

Movement Cal.3035

ロレックス ムーブメント cal.3035
キャリバー: Cal.3035
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒、日付、デイトジャスト機能、クイックチェンジ機能、ハック機能
駆動方式: 自動巻き
調整機構: マイクロステラスクリュー
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 27石
クロノメーター認定:
パワーリザーブ: 約48時間
振動数: 28,800振動/時
製造年: 1977年~1988年

特徴

ロレックスのメンズモデル用ムーブメントとして初のハイビートとなったCal.3035。
前作Cal.1570の毎時19,800振動から毎時28,800振動へ進化させ、今まで以上に精度を向上させることができた。また、このムーブメントよりカレンダーの単独調整が可能となり、操作性もより充実した。
このムーブメントテンプの受けがシングルブリッジとなっており、この後登場するCal.3135で採用されたツインブリッジが主流となった為、Cal.3035は短命ムーブメントとして知られているが、同時期のカレンダー無しCal.3000が長寿である事、現在使用されているCal.3100番台のムーブメントの基礎となっている事などから、非常に完成度は高いムーブメントである事がわかる。

 

前ムーブメント(Cal.1570)からの主な変更点

・振動数を19,800振動/時から28,800振動/時へ変更された。
・このムーブメントより、デイト早送り機構が搭載されている。

主な搭載モデル

ロレックス サブマリーナー
 Ref.16800Ref.168000(ステンレススチール)

 

 

 

 

 

 

 

ロレックス シードゥエラー
 Ref.16660(ステンレススチール)

ロレックス デイトジャスト
 Ref.16030(ステンレススチール)
 Ref.16014(ステンレススチール+ホワイトゴールド)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.3035

この記事にレビューするには ログイン してください 。