ムーブメント Cal.3000

Movement Cal.3000

ロレックス ムーブメント cal.3000
キャリバー: Cal.3000
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒、ハック機能
駆動方式: 自動巻き
調整機構: マイクロステラスクリュー
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 27石
クロノメーター認定: ×(Ref.14270、Ref.14203は認定を受けている)
パワーリザーブ: 約48時間
振動数: 28,800振動/時
製造年: 1990年~2001年

特徴

毎秒8振動/毎時28,880振動のハイビート仕様であり、当時ロレックス最先端の技術を投入され生産されたムーブメント
1970年後半に誕生したデイト付きムーブメントCal.3035をベースに、ノンデイト仕様に落とし込んだとされている。生産期間は1990年の登場から10年余りと短く、短命となった。
ロレックステンプは巻き上げヒゲゼンマイが主流であったが、Cal.3000は珍しく平ヒゲゼンマイが採用さている。
また、テンプを支えるブリッジは1本のまま変更はないが、ペルラージュ装飾が施され、機能面と共に見た目も美しい仕上がりとなっている。
代表的な搭載モデルとして、一大ブームを築いたエクスプローラーI/Ref.14270が有名で、このモデルとオイスターパーペチュアル/Ref.14203に搭載されているCal.3000はクロノメーター認定を受けている。

 

前ムーブメント(Cal.1570)からの主な変更点

・振動数が毎時19,800振動から毎時28,880振動へ変更され、ハイビート化された。

主な搭載モデル

・ロレックス エクスプローラーI
 Ref.14270(ステンレススチール)

 

 

 

 

 

・ロレックス サブマリーナー
 Ref.14060(ステンレススチール)

・ロレックス エアキング
 Ref.14000(ステンレススチール)

・ロレックスオイスターパーペチュアル
 Ref.14203(ステンレススチール×イエローゴールド)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.3000

この記事にレビューするには ログイン してください 。