エアキング Ref.14010M

Air-King Ref.14010M

ロレックス エアキング Ref.14010M
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル エンジンターンドベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 34mm
ケース厚: 10mm
重量: 約120g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き
キャリバー: Cal.3130
振動数: 毎時28,800振動
パワーリザーブ: 約48時間
製造期間: 2001年~2007年

 

2001年、前モデルRef.14010からモデルチェンジを果たしたRef.14010M。

ベゼルは全体に光沢がない加工、5分刻みに鏡面仕上げにしたデザインとなっており、航空機のエンジンが回転する様子が似ている事からエンジンターンドといわれている説もある。

エンジンターンドベゼル仕様にする事で落ち着いた雰囲気になり、ポリッシュベゼルと比べるとカジュアルな印象を感じられ、34mm径ケースながらも存在感と高級感を向上させた。

デザイン面での大きな変更はなかったが、搭載されるムーブメントテンプを1つのブリッジで支えるCal.3000から2つのブリッジで支えるCal.3130へ変更され、安定性とメンテナンス性がアップした。さらに巻き上げ機構も改良され、巻き上げ効率も向上させているが、前モデル同様ノンクロノメーター仕様である。同年代のスポーツモデル「エクスプローラー IRef.114270)」にもC.O.S.C.認定クロノメーター取得の同ムーブメントが搭載されているため、信頼性が高く、文字盤には「正確」を意味する「PRECISION」の文字が印字されている。

また、ケースもブラッシュアップが図られ、ケースのエンドピースにあったバネ棒を通す横穴が見えない仕様に変更され、サファイアクリスタルには、偽造防止のため6時位置にクラウンの透かしがレーザー刻印された。

 

前モデル(Ref.14010)からの主な変更点

ムーブメント Cal.3000からCal.3130へ変更
テンプを支えるブリッジがシングルからダブルへ変更
 
ケース: ケースサイドの時計とブレスレットを繋いでいる横穴が塞がる。
 
風防: サファイアクリスタルの6時位置に王冠の透かしが入る。
 

 








top フォーラム エアキング Ref.14010M

この記事にレビューするには ログイン してください 。