デイトジャスト Ref.116233NG

DATEJUST Ref.116233NG

ロレックス デイトジャスト Ref.116233NG
ケース素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレス素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレスタイプ: オイスターブレス、ジュビリーブレス
ベゼル フルーテッドベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 12mm
重量: 135g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2004年~

 

2004年、ホワイトゴールドコンビモデルやステンレスモデルに先駆けてモデルチェンジを果たしたイエローゴールドコンビモデル『Ref.116233』。美しいカッティングが施されたフルーテッドベゼル、リューズブレス中央部分には艶やかな18Kイエローゴールドが使用され、腕元を明るくゴージャスに演出してくれる。

前モデル(Ref.16233)と比べ、ケースからブレスへ流れるラインが滑らかでボリュームある形状となり、ヘアライン仕上げとなっていたケース表面部分は鏡面仕上げへと変貌を遂げ、よりドレスウォッチらしいエレガントさが増した。また、ブレスは、フラッシュフィットが一体型となり、中央部分のコマは巻き板タイプ(中空)から、無垢タイプへと変わり強度、耐久性が向上した。バックル部分は、ハイクラスモデルのデイデイトに採用されているコンシールドクラスプが採用され、あたかもバックルがないようなスマートなシルエットになり、一層ドレッシーな印象が強くなっている。基本デザインを継承しながらも、各パーツのブラッシュアップによりゴージャスモデルに相応しい高級感溢れる仕上がりになった。

天然の真珠母貝(マザーオブパール)を用いたシェルダイヤルに10個ものダイヤモンドがあしらわれたラグジュアリーダイヤル。光の当たる角度により様々な色相や輝きを放つシェルダイヤルと上質なダイヤモンドの輝きは、腕元を明るく艶やかに演出してくれる。また、天然素材となり1点1点に個体差がでるため、自身だけの色味と輝きを手にすることができる魅力がある。

 

前モデル(Ref.16233)からの主な変更点

ケース: 表面部分がヘアライン仕上げから鏡面仕上げとなる。
 
ブレスレット フラッシュフィットが一体型となる。
ブレス中央部分のコマが中空から無垢へと変わる。
ジュビリー(5列)ブレスはバックル部分が目立たないコンシールドクラスプとなる。
オイスター(3列)ブレスは約5mmの延長操作が自在に可能となるイージーリンクを搭載したバックルとなる。
 
ダイヤル: ダイヤルバリエーションが増えた。
ダイヤルによって異なるが、各種針は太くなり、夜光塗料が多く塗布されるようになった。
また、カレンダー表記の奇数日が赤、偶数日が黒となるタイプもラインナップに加わった。

 

 

Ref.116233発売後の主なマイナーチェンジ

2006年 インナーリング(ダイヤル外周の立ち上がり部分)に「ROLEX」の文字が刻印されるようになる(通称=ルーレット刻印)。12時位置にはクラウンマーク、6時位置にはシリアルナンバーが刻印される。
 
2010年頃 ブレスレット6時方向の調節可能なコマ数が増加した。

 








top フォーラム デイトジャスト Ref.116233NG

この記事にレビューするには ログイン してください 。