サブマリーナー Ref.5513

SUBMARINER Ref.5513

ロレックス サブマリーナー Ref.5513
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 回転ベゼル
風防: ドーム型プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 200m
ムーブメント: 自動巻き
キャリバー: Cal.1530Cal.1520
振動数: 18,000振動(Cal.1530)、19,800振動(Cal.1520
製造期間: 1963年~1989年

 

生産期間が約30年間とロレックスの中でもロングセラーモデル。長期間の製造であった為、様々なマイナーチェンジが行われ、ダイヤルバリエーションが多いのも特徴の一つ。

Ref.5513のインデックスには、メタル枠の有無があり、「フチなし」・「フチあり」に大別され、特に前期ダイヤルにあたる「フチなし」には、ミニッツサークルやミラーダイヤルメーターファーストなどのレアポイントが多数存在する。また、初期生産分のケースには、先端が鋭角でシャープなラインのポインテッドクラウンガード(PCG)が備えられていた。このように進化の過程が垣間見られるディテールは、希少性が高く、コレクターを中心に人気も高い。

因みに、同時期に製造していたRef.5512と共有パーツが多く、バックケースに5512の刻印が入っている事もある。

また、Ref.5513から派生した特殊モデルは、ヴィンテージロレックスの中でも滅多に市場に出回らない激レアモデルとなっている。中でも有名なのは、Ref.5513を制式採用していたフランスの潜水会社コメックスと共同開発した「ヘリウムガス・エスケープ・バルブ」を搭載したRef.5514である。シードゥエラーの原型となったモデルでもあり、ロレックスが他社のために固有リファレンスを発行した稀なケースで、ダイヤルには「COMEX」とプリントされている。続いて、レアサブの代表格と言えば、Ref.5517(通称:軍サブまたはミリタリーサブ)である。イギリス海軍が制式採用したサブマリーナーであり、視認性向上のため、大振りなアロー針と矢型の秒針、1分刻みの回転ベゼルなどの専用ディテールを持つ。正確な時刻合わせが要求されるため、ムーブメントにとはハック機能が備えられている。

 

前モデル(Ref.5508)からの主な変更点

ケース: ケース径が37mmから40mmへとサイズアップした。
 
機能 防水性能が100mから200mになった。

 

Ref.5513発売後の主なマイナーチェンジ

ダイヤル

1963年頃:
・ミニッツサークル+ミラーダイヤル

1965年頃:
ミラーダイヤル

1967年前後:
・マットダイヤル(初期):上段「200m-660ft」、下段「SUBMARINER」
※防水表記がメートル/フィートの順になった通称「メーターファースト
・マットダイヤル(中期):上段「660ft-200m」、下段「SUBMARINER」
※防水表記の下にモデル名がプリントされた通称「下サブ」

1970年代後半:
・マットダイヤル(後期):上段「SUBMARINER」、下段「660ft-200m」
マキシダイヤル:ドットインデックスが通常より大きい文字盤
※中でもドットインデックスと分目盛りがくっついたダイヤルを「ロリポップ」と呼ぶ。

1985年頃:
インデックスにメタル枠が付き、後継機種Ref.14060に近いデザインとなった。(通称:フチあり

 

ムーブメント

1964年頃:
Cal.1530(毎時18,000振動)からCal.1520(毎時19,800振動)へと変更
 

ブレスレット 1963~1960年代半ば:リベットブレス(No.7206)+フラッシュフィット(No.80)
1960年代半ば~1970年代半ば:巻きブレス(No.9315)+フラッシュフィット(No.280)
1970年代半ば~1970年代後半:巻きブレス(No.9315)+フラッシュフィット(No.380)
1970年代後半~:ハードブレス(No.93150)+フラッシュフィット(No.580)
 
リューズ 1970年頃にツインロックリューズからトリプロックリューズに変更した事で、リューズのデザインが変更された。
 

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.5513

  • #10847

    ryucheru

    ホームページを見て、金額はどんどん上がってますね。前から気になって、ずっと欲しいですが、なかなか買うタイミングが合わなく、やっぱり手を出せなくなる前に買って方がいいかな。

  • #4208

    VR55

    生まれ年のRef.5513を探していているんですが、中々出てこないです。フチ無しインデックスとドーム風防が何とも言えない雰囲気を醸し出しており、現行では味わえないシルエットが良いですね。今後流通量が減っていくので、早く出会いたいものです。

この記事にレビューするには ログイン してください 。