サブマリーナー Ref.16610LV

SUBMARINER Ref.16610LV

ロレックス サブマリーナー Ref.16610LV
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 逆回転防止ベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 13mm
重量: 約135g
防水: 300m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2003年~2010年

 

2003年、サブマリーナー生誕50周年を記念して発表されたRef.16610LV、通称「グリーンサブ」。
ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンをベゼルに採用し、同社の記念モデルにグリーンを採用する先駆けとなった。また、同時期に生産されていたサブマリーナー/Ref.16610と基本スペックは同じであるが、時分針とインデックスが大型化され、視認性の向上が図られている。因みに、リファレンスの「LV」とは、フランス語のグリーンベゼル(Lunette Vert)を意味している。発売当初は限定生産と推測されていたが、その後、定番モデルとして定着した。

初期生産分には、通称「ライムベゼル」と呼ばれる淡いグリーン色のベゼルやダイヤルの6時位置の「SWISS MADE」表記が大きい「ビッグスイス」と呼ばれる個体も存在し、コレクターを中心に注目を集めている。

2010年に後継機種Ref.116610LVが発表され、わずか7年で生産を終了したが、後継機種はダイヤルにもグリーンが採用されたため、「黒文字盤×グリーンベゼル」という初代だけのカラーリングを好むファンも多い。

 

Ref.16610LV発売後の主なマイナーチェンジ

2003年 初期生産分にはケースサイドの時計とブレスレットを繋いでいる横穴が開いていたが、すぐに塞がる。
 
2007年 インナーリング(ダイヤル外周の立ち上がり部分)に「ROLEX」の文字が刻印されるようになる(ルーレット刻印)。

 

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.16610LV

  • #9487

    ryucheru

    やはり格好いいですね!現行よりシックな雰囲気があるから、個人的に1番好きです。
    状態のいいものがどんどん少なり、金額も上がっているので、購入のタイミングにとても迷っています。

この記事にレビューするには ログイン してください 。