エクスプローラーI Ref.5500

EXPLORER I Ref.5500

エクスプローラーI Ref.5500

ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル ポリッシュベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 34mm
ケース厚: 10mm
防水: 50m
ムーブメント: 自動巻き
キャリバー: Cal.1530Cal.1520
振動数: 18,000振動、19,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1950年代後半~1970年代

 

当時、エクスプローラー I にのみ存在した小振りのボーイズモデルで、既にエアキングとして登場していたRef.5500をベースにしたエクスプローラー I 。通称はそのまま「エクスプローラーボーイズ」と呼ばれる。

1950年代から70年代に渡ってイギリス市場など特定の地域や国へのオーダー品であったと云われ、イギリスをメインに駐留していた極東や中東のN.A.A.F.I(陸海空軍厚生機関)などで扱われていたとされる。そのことから、軍の正式採用は無いがミリタリータイプの時計として分類されることもある。また、北米仕様として、Ref.5504、Ref.5506などのモデルもある。

同時期のエクスプローラー Iとは違いノンクロノメーターとなり、ダイヤルの6時位置には『正確』を意味する『PRECISION』もしくは『SUPER PRECISION』の表記が印字されることが多い。レアポイントとして『SUPER PRECISION』の表記の下にアンダーバーが入るダイヤルが存在している。これは他モデルにおいても1960年代前半頃にみられるものである。

小振りなサイズのため日本人の腕に合いやすいとされるが、現状、多くはメンズサイズに人気が集中しており、出回っている流通量・資料が少ない故にマニアックな印象を受ける。
また、エアキングのダイヤルをエクスプローラーに書き換えるなど、リダンが多数出回っているので購入の際は注意が必要。








top フォーラム エクスプローラーI Ref.5500

この記事にレビューするには ログイン してください 。