エアキング Ref.14010

Air-King Ref.14010

ロレックス エアキング Ref.14010
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル エンジンターンドベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 34mm
ケース厚: 10mm
重量: 約120g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き
キャリバー: Cal.3000
振動数: 毎時28,800振動
パワーリザーブ: 約48時間
製造期間: 1990年頃~2000年

 

1990年に前モデルRef.5500からモデルチェンジを果たし、5桁リファレンスへと移行したエアキングRef.14010。
ベゼルは全体に光沢がない加工、5分刻みに鏡面仕上げにしたデザインとなっており、12時位置のみ鏡面部分が2つ並んだデザインとなっている。

航空機のエンジンが回転する様子が似ている事からエンジンターンドといわれている説もあり、エンジンターンドベゼル仕様にする事で落ち着いた雰囲気になり、ポリッシュベゼルと比べるとカジュアルな印象を感じられ、34mm径ケースながらも存在感と高級感を向上させた。

ムーブメントは毎時1万9800振動のCal.1520から毎時2万8800振動のCal.3000へ変更され、高精度化が図られた。Cal.3000は当時のロレックスの最新技術が投入された信頼性の高いムーブメントであり、サブマリーナーRef.14060)にも採用され、エクスプローラー IRef.14270)にはクロノメーター取得の同ムーブメントが搭載された。

ダイヤルの6時位置には『正確』を意味する『PRECISION』の表記が印字されている。

 

前モデル(Ref.5500)からの主な変更点

ムーブメント Cal.1520(毎時19,800振動)からCal.3000(毎時28,800振動)のハイビートムーブメントへ変更
 
風防: プラスチック風防からサファイアクリスタルへ変更
 
ダイヤル: 時分針がペンシル型からバー型に変更
 

 








top フォーラム オイスター エアキング Ref.14010

この記事にレビューするには ログイン してください 。