デイデイト

DAY-DATE

ロレックス デイデイト Ref.118235A

ロレックスの最高峰モデルであるデイデイトは、1956年に誕生した。
当時のアメリカ大統領アイゼンハワー氏に送られた事をきっかけに、装着されるブレスレットは「プレジデントブレス」と呼ばれている。

ステンレスモデルが存在しないデイデイトは、プラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの4つの素材のみが使用されるハイクラスモデルとなり、ロレックスユーザーの憧れのモデルとなっている。

また、12時位置にはデイデイトで最も特徴的な曜日表記が備わり、26ヶ国からなる言語が選択可能となっている。

さらにリューズの形状もプラチナモデルはドットが1つ その他モデルにはドットが2つとなり、デイデイトにしか存在しない特別な仕様となっている。

ロレックスの中でも特別なモデルとなっているデイデイトは、様々なバリエーションが存在するのも嬉しいポイントで、私たちの目を常に楽しませてくれるモデルとなっている。

 

型番一覧

現行モデル 生産終了モデル

デイデイト36
Ref.128235
Ref.128235A
Ref.128238
Ref.128238A
Ref.128239
Ref.128239A
Ref.128345RBR

デイデイト40
Ref.228235
Ref.228235A
Ref.228206
Ref.228206A
Ref.228238
Ref.228238A
Ref.228348RBR
Ref.228239
Ref.228239A

Ref.6511
Ref.6611
Ref.1803
Ref.1803/5
Ref.1803/8
Ref.1803/9
Ref.18038
Ref.18038A
Ref.18039
Ref.18039A
Ref.18206
Ref.18206A
Ref.18366
Ref.18366A
Ref.18346
Ref.18346A
Ref.18238
Ref.18238A
Ref.18239
Ref.18239A
Ref.118235
Ref.118235A
Ref.118235F
Ref.118235FA
Ref.118205
Ref.118205A
Ref.118205F
Ref.118205FA
Ref.118206
Ref.118206A
Ref.118346A
Ref.118366
Ref.118366A
Ref.118238
Ref.118238A
Ref.118208
Ref.118208A
Ref.118208NR
Ref.118239
Ref.118239A
Ref.118239NG
Ref.1182392BR
Ref.118209
Ref.118209A
Ref.118209NG
Ref.118135 など

 

デイデイトの歴史

1956年   ファーストモデルのRef.6511、1957年にRef.6611が登場。
どちらのモデルも生産期間が約1年と短命で、市場流通が極端に少ない。
 
1960年代   ビンテージデイデイトでは馴染みの深いCal.1555を搭載したRef.1803/5Ref.1803/8Ref.1803/9が登場。ドーム型のプラスチック風防で防水性能は50m。
 
1970年代後半   Cal.3055を搭載したRef.18038Ref.18039シリーズが登場。
このモデルからサファイアクリスタル風防を装備し防水性能は100mとなる。
日付と曜日が早送りできるクイックチェンジ機能が付き、現行モデルに近いデザイン・仕様であるが、「カマボコ型」と呼ばれる肉厚なケースが特徴である。
また、時期を同じくして短期間であるがクォーツ仕様のデイデイトが存在している。
 
1980年代後半   Cal.3155を搭載したRef.18238Ref.18239シリーズが登場。
肉厚なケースだった前作に比べケースが薄くスマートになり、ダイヤルバリエーションも豊富になった。
 
1990年初頭   最高級素材のプラチナを用いたRef.18206シリーズが登場。
プラチナモデルだけに存在するアイスブルーダイヤルはデイデイトならではのダイヤルとして人気が高い。
 
1990年代中頃
まで
 
  ブレスレットにホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3つの素材を使用した「トリドールブレス」が装着されたモデルも存在した。
 
1990年代中頃
から
  ダイヤモンドと台座の形状が改良された「NEWダイヤ」が流通し始める。
また、1998年頃からは夜光塗料がトリチウムからルミノバへ変更された。
 
2000年代   デイデイトRef.118238Ref.118239Ref.118235Ref.118206シリーズが登場。
丸みを帯びたケースに加え、ラグ部分とブレスレットのサイドが鏡面仕上げとなり前作に比べ高級感が向上している。
また、2005年から「エバーローズゴールド」素材が登場。ローズゴールド素材に少量のプラチナを混合する事により、経年による退色を防いでくれる効果がある。
 
※上記は基本的なRefナンバーであり、ダイヤルの素材・宝飾の有無によってRefナンバーが異なる。

 

デイデイトの系譜

Ref.6511   1956~1957年
Cal.1055
非常に短命で、僅か1年間の製造と言われている。
DAY-DATE表記が6時側に入り、バックケースも段がつかないタイプが装着される。
 
Ref.6611   1957~1958年
Cal.1055B
初期の6511・6611両モデルには夜光塗料が無いように見えるが、実はダイヤルと
インデックスの隙間に夜光塗料が隠れており、間接照明の様な光方をする、当時
としては大変手間の掛かった仕上げをしている。
また、同様にブレスレットタイプはプレジデントブレスジュビリーブレス・レザー
ブレスの3タイプが存在する。
 
Ref.1803/5
Ref.1803/8
Ref.1803/9
  1960年代~1970年代後半
Cal.1555Cal.1556
ビンテージデイデイトの中では見ることが多いRef.1803だが、前期・後期の2タイプが
ある。前期型はCal.1555を搭載した5.5振動 後期型はCal.1556を搭載した5.5振動モデル
となっている。
 
Ref.18038
Ref.18039
  1970年代後半~1980年代後半
Cal.3055
サファイアクリスタルが装着され、日付の早送りが可能となり、現在のデイデイトに近づいたモデル。
ケースに厚みがあり『カマボコ型』と呼ばれている。
 
Ref.18238
Ref.18239
  1980年代後半~2000年
Cal.3155
肉厚だったケースも薄くなり、よりスマートな印象に。
 
Ref.118235
Ref.118238
Ref.118239
Ref.118206
 
  2001年~2015年
Cal.3155
全体的に丸みを帯びたケースラインへ変更された。また、ラグ・ブレスサイドまで鏡面に磨き上げられることにより高級感のあるデザインに進化した。
Ref.228235
Ref.228238
Ref.228239
Ref.228206

 
  2015年~
Cal.3255
2008年に登場したケース径41mmのデイデイトII の後継機種として、新世代ムーブメントを搭載したデイデイト40が登場した。コンシールドアタッチメントシステムにより、プレジデントブレスとケースの接続部分はつなぎ目がなく、一体化された。
 
Ref.128235
Ref.128238
Ref.128239

 
  2019年~
Cal.3255
伝統の36mm径モデルの後継機種として、新世代ムーブメントを搭載したデイデイト36が登場した。Cal.3255はなんと14件もの特許を取得し、日差±2秒と公認クロノメーターの約2倍の精度を実現。また、コンシールドアタッチメントシステムにより、プレジデントブレスとケースの接続部分はつなぎ目がなく、一体化された。







top フォーラム デイデイト

1件の返信スレッドを表示中
    • #5036

      kenkenken

      最近発売したピンクゴールドの本体に革ベルトを合わせたデイデイトをお店で見て一目惚れしました!ブレスレットまで全部ピンクゴールドだと派手な感じですが、革ベルトになることでグッと落ちついた印象になるのがいいですね。あと渋いチョコレート文字盤が文句なしのカッコよさです!
      頑張って仕事して、いつか手に入れるぞ!!

    • #4582

      x5963xxxx

      憧れの時計だな~
      最後の最後で絶対欲しい!!
      社長になったらつけよっーと!!
      ギラギラで見せびらかしたくなっちゃうなー

1件の返信スレッドを表示中

この記事にレビューするには ログイン してください 。


ロレックス専門店クォーク Online Store