パトリッツィダイヤル

Patrizzi Dial

パトリッツィダイヤル

デイトナRef.16520の1994年~1995年頃(S品番、W品番)の黒文字盤のみに存在するインダイヤルが茶色く変色したもの。通称“ブラウンアイ”とも呼ばれる。塗料が経年劣化により変色したもので、製造過程でのテクニカルエラーとして造られたものとも言われている。
時計専門のオークションハウス・アンティコルム社のオズワルド・パトリッツィ氏が名付けたことにより市場での買占めが進み価値が上昇している。
希少性も高いことからプレミア価格となっている。

 








top フォーラム パトリッツィダイヤル

この記事にレビューするには ログイン してください 。