デイトナ

DAYTONA

ロレックス デイトナ Ref.116520

「KING OF ROLEX」と名高い、ロレックス唯一のクロノグラフ、デイトナ。
エクスプローラーサブマリーナーなど様々なラインナップがある中、このデイトナの人気の高さはここ十数年衰えを知らない。

日本はもとより、ヨーロッパやアメリカなど海外においても、デイトナ人気は絶大で、現在生産されている現行モデルよりも、むしろ生産が終了した60年代~70年代のヴィンテージモデルの市場価格の高騰がすさまじい。

ヴィンテージモデルの中でも特に注目は、「エキゾチックダイヤル」と呼ばれる超レアモデルの存在である。俳優であり、レーサーでもあった故ポール・ニュー マンが愛用したことから「ポールニューマン・ダイヤル」とも呼ばれている。市場では500万円以上のプレミア価格がつけられ、その価値は現在も右肩上がり の状況である。
 

型番一覧

現行モデル 生産終了モデル
Ref.116500LN
Ref.116503
Ref.116508
Ref.116598SACO
Ref.116509
Ref.116505
Ref.116505A
Ref.116506
Ref.116506B
Ref.116515LN
Ref.116515LNA
 

Ref.116520
Ref.116523
Ref.116528
Ref.116518
Ref.116519
Ref.16520
Ref.16523
Ref.16528
Ref.16518
Ref.16519

Ref.6265
Ref.6264
Ref.6263
Ref.6262
Ref.6241
Ref.6240
Ref.6239
Ref.6238 (CHRONOGRAPH)

 

デイトナの歴史

 

1930年代   様々な計測機能を持つクロノグラフは、航空用・軍用として進化を続けていた。ロレックスも生産を始めていたが、他社を圧倒するようなクロノグラフの開発には至っていなかった。
 
1959年   ストックカーレースのサーキットとして、アメリカ・フロリダ州デイトナビーチに「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」が完成した。それを機にロレックスは協力を開始。
 
1963年   「カーレース」という新たなコンセプトのもとクロノグラフを開発・発表した。この時計こそがデイトナである。インダイヤルには反転カラーを採用し、タキメーターをベゼルに移すことによって、計時機能を強調し、他社と一線を画す視認性に優れたデザインを確立した。
 
1965年   スピードの聖地であり、そこで開催されるレースの名である「DAYTONA」の文字がダイヤルに記され、その後もマイナーチェンジやモデルチェンジを繰り返しながら、精度や防水性を追求していった。
 
1988年   傑作自動巻きクロノ・ムーブと謳われるゼニス社「エル・プリメロ」をベースにスポーツモデルで唯一手巻きだったデイトナのパーペチュアル(自動巻き)化が 果たされた。デザイン面でも大幅なリニューアルが行われ、さらに耐久面で不利なプラスチックベゼルは姿を消すことになる。
 
2000年  

ロレックス技術陣の悲願でもあった完全自社製クロノグラフ・ムーブメントを開発し、ついにデイトナはマニュファクチュール化を果たした。その後も サーキットで要求される最高のポテンシャルを発揮できるようリファインが繰り返され、精度と実用性への飽くなき挑戦を続けている。

ゆえにデイトナは、ロレックス・スポーツモデルの頂点に君臨し、数多くのクロノグラフの中でも「キング・オブ・クロノグラフ」と評される唯一無二の存在になっている。

また、デビュー当時は、ステンレスモデルに加え金無垢モデルがラインナップされていたが、1988年以降からは18KYGコンビモデルや金無垢モデルにレザーベルト仕様が追加された。その後、2004年にWG無垢モデル、2008年にPG無垢モデル、生誕50周年となる2013年にはプラチナ無垢モ デルが追加され、ファッションシーンにも溶け込む豊富なバリエーションが展開されている。

 

デイトナの系譜

Ref.6238  

製造期間:1950年代末~1960年代初期
搭載ムーブメント:Cal.72B
デイトナの系譜のルーツとなったモデル。文字盤内に記される「CHRONOGRAPH」の文字がプレ・デイトナと呼ばれる所以である。タキメーターは文字盤内に収められ、文字盤と同色のインダイヤルが採用されているが、30分積算計・12時間積算計・スモールセコンドという3カウンタークロノグラフの不変のスタイリングが完成している。

Ref.6239/6241  

製造期間:1963年~1960年代後半
搭載ムーブメント:Cal.72BCal.722-1
モータースポーツをターゲットとした初のクロノグラフ、デイトナのファーストモデル。バルジュー社製Cal.72をベースにしたCal.72BCal.722-1)が搭載される。ベゼルは、ステンレスとプラスチックがリリースされ、それぞれ異なるリファレンスを持つ。その後の手巻きデイトナも、ステンレスとプラスチックのベゼルがペアでリリースされることになる。

Ref.6240  

製造期間:1965年頃~1960年代後半
搭載ムーブメント:Cal.72BCal.722-1
Ref.6240は、デイトナの陰の系譜を辿ったレア・モデルとして今もなお多くの謎に包まれている。ペア・リファレンスを持たず、Ref.6262/6264とは異なるアプローチで開発が推し進められた。スクリューダウンプッシャーによるオイスター化によって50mの防水性を実現し、デイトナのダイヤルに初めて「OYSTER」の文字が記されたモデルである。

Ref.6262/6264  

製造期間:1960年代後半~1970年頃
搭載ムーブメント:Cal.727
Ref.6239/6241と同様のノンオイスターケース(防水性:30m)を採用し、手巻きクロノ・ムーブの傑作、バルジュー社製Cal.72をベースにリファインを加えたCal.727を搭載し、精度の向上を推し進めたデイトナ。モデル自体は短命に終わったが、搭載されたCal.727は、後継機種Ref.6263/6265に受け継がれ約20年もの間、手巻きデイトナを支えた。

Ref.6263/6265  

製造期間:1970年~1988年
搭載ムーブメント:Cal.727
手巻きデイトナの最終型となるRef.6263/6265は、前機種Ref.6262/6264に採用された名機Cal.727を搭載し、Ref.6240で実験的に搭載されたスクリューダウンプッシャーを受け継ぎ、精度と防水性の両面からのアプローチを集約させた完成形。このモデルの生産終了が、現在まで続くデイトナブームの引き金となった。

Ref.16520  

製造期間:1988年~2000年
搭載ムーブメント:Cal.4030
20世紀の最高傑作と評されるゼニス社製自動巻きクロノ・ムーブ「エル・プリメロ」をベースに、ロレックスが独自のリファインを加えたCal.4030を搭載し、自動巻き化を果たしたデイトナ。サファイアクリスタルへ変更された風防と細部のブラッシュアップによって100mの防水性を実現し、デイトナの新時代を切り開いた。

Ref.116520  

製造期間:2000年~2016年
搭載ムーブメント:Cal.4130
ロレックス悲願の完全自社製クロノ・ムーブCal.4130を搭載し、完全マニュファクチュール化を果したデイトナ。先代のデザインを踏襲しつつも、搭載ムーブの変更に伴うインダイヤルの配置やインデックスの大型化、ブレスレットの改良など、細部にわたるブラッシュアップが図られている。

Ref.116500LN  

製造期間:2016年~
搭載ムーブメント:Cal.4130
ロレックスが開発し特許取得をしたブラックセラミック製のモノブロックセラクロムベゼルを搭載したデイトナ。1965年に誕生したプラスチックベゼルを彷彿とさせるセラミックベゼルは、耐蝕性と耐傷性に優れ、紫外線による影響を受けにくく、PVD(物理蒸着)加工により、プラチナの薄い層でコーティングされたタキメーター目盛りが高い視認性を実現している。ケース、ブレスの形状は前作のRef.116520と同様となり、ムーブメントCal.4130の搭載も同様となるが、2015年よりロレックスは独自の高精度クロノメーター(Superlative Chronometer)というケーシング後の平均日差-2~+2秒以内という公認クロノメーター基準の2倍以上もの基準を設定しており、信頼性も格段に向上した仕様となっている。

 








top フォーラム デイトナ

  • #9441
    TACCHAN のプロフィール写真
    TACCHAN

    遂に!念願のデイトナを購入しました!旧タイプと迷いましたが、まだあまり見かけない新型(Ref.116500LN)です。今回は白文字盤の方が注目されているようですが、私は引き締まった黒文字盤に惹かれてこちらに決めました。やっぱりカッコいいです!ベゼルがセラミックなので傷が入りにくいというのも、日常使いする私には嬉しいポイントです。長く大切に使いたいですね!

  • #9433
    Grunge のプロフィール写真
    Grunge

    嫁の許可をもらい、やっと念願のランダム品番白を購入しました!黒と迷いましたが白の肌馴染みの良さと上品な雰囲気が決め手となり購入しました。新型よりも繊細な鏡面ステンレスのベゼルの反射がかっこよくてたまりません。毎晩お酒を飲みながら眺めております。ちょっとした買い物とかでも身につけてしまいます。時間も見やすく仲間内でも評判ですっかりデイトナユーザーに溶け込んでいます。これから価値が上がるのを期待しています。

  • #9429
    tokeimania のプロフィール写真
    tokeimania

    いつ購入しようかと思っている内に生産終了になった事を知り、早く購入しておけばと思っております。
    新型の情報も早く載せて下さい!!

  • #9086
    爽建美茶 のプロフィール写真
    爽建美茶

    ディトナSS、今まで興味がなかったのに急に欲しくなっちゃいました。
    縁あって、7/20頃に手に入ります。116520 白ダイアル G番です。
    楽しみで楽しみで、嬉しいったらないですね。
    こちらのサイトも参考になりました。
    ありがとうございました!!

  • #9009
    HalfNelson のプロフィール写真
    HalfNelson

    今のデイトナもいいが、新しいRef.116500も気になる。はたしてどちらを購入すれば、今後の為になるのだろうか・・・。

  • #8856
    tenderloin-tmt のプロフィール写真
    tenderloin-tmt

    ついに念願のデイトナ116520黒をゲット!エクスプローラー1からの買い換えですか、メカっぽいデザインが抜群にカッコいいですね。あと存在感が凄すぎます!前からモデルチェンジするって言われてるみたいなので、今後の価格がどうなるか楽しみです。いつかは手巻きのデイトナをゲットしたいなー。

  • #4373
    acousticlove のプロフィール写真
    acousticlove

    ステンレスのデイトナを愛用していますが、この前立ち寄ったお店でプラチナのデイトナを試着して一目惚れしました。アイスブルーの文字盤とセラミックのベゼルがかっこよく、着けた時の重さもさすがプラチナって感じで半端無かったです!!価格は高いですが、いつかは手に入れるぞ!!!

  • #4368
    naut のプロフィール写真
    naut

    デイトナの購入を検討していてこのサイトを見つけ参考になりました。
    細かな仕様の変更など、細部に渡り教えてくれるので参考になる、迷っている友人にも紹介してみます!

  • #3249
    popo のプロフィール写真
    popo

    憧れのデイトナも購入しました!やっぱり、高級感は郡を抜きますね!着けてるだけでモチベーション上がります。これを機にまた仕事も頑張れます!値段もかなりしますが、その分のステータス性はすごい感じます!デイトナの歴史も深く、また現行以外にも気にしなってしまう。。欲は付きません。笑

この記事にレビューするには ログイン してください 。