デイトナ Ref.116515LN

DAYTONA Ref.116515LN

ロレックス デイトナ Ref.116515LN
ケース素材: ピンクゴールド
ブレス素材: レザー
ブレスタイプ: レザーブレス
ベゼル セラミック製タキメーターベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 12.5mm
重量: 130g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.4130
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 72時間
製造期間: 2011年~

 

2000年、ロレックス社の悲願であった完全自社製クロノグラフ・ムーブメントを搭載し、完全マニュファクチュール化を果たしたデイトナ
搭載されるムーブメントCal.4130は、高い伝達効率により72時間のパワーリザーブを誇り、デビュー時より耐磁性に優れるパラクロム製ヒゲゼンマイが採用されるなど高い耐久性と精度を実現している。2007年からは、独自開発のブルーパラクロム・ヒゲゼンマイに変更され、耐磁性・耐衝撃性の向上が図られている。また、メンテナンス性も考慮した合理的な設計は、技術者からも高い評価を獲得している。常にリファインが繰り返され進化を続けるデイトナは、まさにロレックスのフラッグシップモデルである。また、スポーツモデルの中では、素材やダイヤルのバリエーションが最も豊富なモデルでもある。

2011年に新たなラインナップとして登場したケース、バックル部分がピンクゴールド、ブレス部分が革ブレス仕様となる『Ref.116515LN』は、1965年に誕生したプラスチックベゼルを彷彿とさせるブラックセラミックベゼルを備える。
プラスチックやメタルにはない、硬質なセラミックならではの質感とピンクゴールドとの融合が、エレガントさを際立たせている。

『Ref.116515LN』には、アイボリーとチョコレートブラウンの2色のダイヤルバリエーションが存在するが、人気はピンクゴールドとの相性が非常に良いとされるチョコレートブラウンダイヤルに軍配が上がる。

 

Ref.116515LNの主なマイナーチェンジ

 

2013年 夜光塗料がルミノバからクロマライトへと変更され、暗闇では青く光るようになった。

 








top フォーラム デイトナ Ref.116515LN

  • #9436
    AOTO のプロフィール写真
    AOTO

    ついに買いましたDAYTONA!
    いろいろなブランドと悩みましたが、やっぱりロレックスですね。
    着け心地、存在感、どれも最高です。
    買って本当によかったです。

  • #7464
    toru のプロフィール写真
    toru

    独特な存在感を放ち、大人の高級感を感じさせます。
    一度手にしてから気に入り、この感覚が忘れられず購入を決意しました!

この記事にレビューするには ログイン してください 。