デイトジャスト Ref.16263

DATEJUST Ref.16263

ロレックス デイトジャスト Ref.16263
ケース素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレス素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレスタイプ: オイスターブレス、ジュビリーブレス
ベゼル 回転ベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 12mm
重量: 100g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1988年頃~2004年

 

1988年頃から登場した『デイトジャスト Ref.16263』。

時間経過を計測する為、両方向に回転するRef.16263固有のベゼルを搭載している特別仕様のデイトジャスト 通称=サンダーバード。

アメリカ空軍のアクロバットチーム『サンダーバーズ』の隊長『ドン・フェリス大佐』の引退記念モデルとして特別発注された事から『サンダーバード』と呼ばれる所以となっている。

本機でサンダーバードは5代目且つ、最終型となる。

前モデル(Ref.16253)と比べ、搭載されているムーブメントは、テンプを一つのブリッジで支えるCal.3035から、ツインブリッジとなったCal.3135へと変更され、更なる耐久性が向上している。時計業界でも優れたムーブメントとして名高いCal.3135は、その後も様々なモデルへと搭載されていく。

デザイン面では大きな変更点はないが、エンボス加工が施されたベゼルのアラビア数字はより大きくなり、不規則なサイズの放射状のラインは、規則正しく並んだ形状へと変貌を遂げ、より洗練された印象となった。風防は強化プラスチックからサファイアクリスタルへと変わり、気密性が向上し100mの防水性能を実現している。

また、10Pダイヤ仕様のダイヤルのみ1995年頃を境にダイヤの留め金部分が、正方形の形状からよりダイヤの存在感が強く感じられる八角形へと変貌をとげ、高級感が一段と向上した。

イエローゴールドの輝きにより腕元を明るくゴージャスに演出してくれる魅力もあるが、回転ベゼルを搭載したスポーティーな雰囲気もサンダーバード最大の魅力となっており、生産終了となった今でも高い支持を得ている。

 

前モデル(Ref.16253)からの主な変更点

ムーブメント: Cal.3035からCal.3135へ変更された。
 
機能: 防水性能が100mとなる。
 
風防: サファイアクリスタル風防となる。

 

 

Ref.16253発売後の主なマイナーチェンジ

1995年 ケースサイドの横穴が塞がる。
10Pダイヤ仕様のダイヤルのみダイヤモンドの縁の形状が四角形から八角形へとなる。

 
1999年 夜光塗料がトリチウムからルミノバへと変わった。
 
2003年 風防6時位置に王冠の透かしが入る。

 

 








top フォーラム デイトジャスト Ref.16263

この記事にレビューするには ログイン してください 。