デイトジャスト Ref.116200

DATEJUST Ref.116200

ロレックス デイトジャスト Ref.116200
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス、ジュビリーブレス
ベゼル ドームべゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 12mm
重量: 125g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2006年~

 

2006年に登場したオールステンレス仕様のデイトジャスト『Ref.116200』。

シンプルなデザインながらもカレンダー機能を装備した高い実用性と、堅牢で優れた耐蝕性の904Lステンレススチールの美しい研磨仕上げが生み出す高級感は、世界レベルでも高い支持を得ておりロレックスで最もポピュラーなモデルである。

前モデル(Ref.16200)と比べ、ケースからブレスへ流れるラインが滑らかでボリュームある形状となり、ヘアライン仕上げとなっていたケース表面部分は鏡面仕上げへと変貌を遂げ、よりドレスウォッチらしいエレガントさが増した。また、ブレスは、フラッシュフィットが一体型となり、中央部分のコマは巻き板タイプ(中空)から、無垢タイプへと変わり強度、耐久性が向上し、ベゼルはハイクラスモデルとして知られるデイデイト同様の緩やかに丸みを帯びたドーム状となった。基本デザインを継承しながらも、各パーツのブラッシュアップにより一段と洗練された高級感が感じられる。

 

前モデル(Ref.16200)からの主な変更点

ケース: 表面部分がヘアライン仕上げから鏡面仕上げとなる。
 
ベゼル 丸みを帯び、よりボリュームが増した。
 
ブレスレット フラッシュフィットが一体型となる。
ブレス中央部分のコマが中空から無垢へと変わる。
ジュビリー(5列)ブレスはバックル部分が目立たないコンシールドクラスプとなる。
オイスター(3列)ブレスは約5mmの延長操作が自在に可能となるイージーリンクを搭載したバックルとなる。
 
ダイヤル: ダイヤルバリエーションが増えた。
ダイヤルによって異なるが、各種針は太くなり、夜光塗料が多く塗布されるようになった。
また、カレンダー表記の奇数日が赤、偶数日が黒となるタイプもラインナップに加わった。

 

 

Ref.116200発売後の主なマイナーチェンジ

2006年 インナーリング(ダイヤル外周の立ち上がり部分)に「ROLEX」の文字が刻印されるようになる(通称=ルーレット刻印)。12時位置にはクラウンマーク、6時位置にはシリアルナンバーが刻印される。
 
2007年頃 ステンレス素材のジュビリーブレスにのみ、クラスプ王冠の剥がれ防止の為、台座が設置され、より頑丈になった。
 
2010年頃 6時方向の調節可能なコマ数が増加した。

 








top フォーラム デイトジャスト Ref.116200

  • #9411

    elichika

    いたってシンプルで過度な装飾も無く、時間と日付が分る。腕時計として必要最低限の機能とデザイン。だからこそ毎日飽きることなく使い続けることが出来る。服装に左右されず合わせることができる。まさにオールマイティーに使える時計ではないでしょうか。安い買い物ではなかったけど、買ってよかった。

  • #9064

    DOSUKOI

    スムースベゼルのデイトジャストは少しマイナーなシリーズですが、程よい36mmケース、カジュアル・フォーマルを選ばずに着用できる点は、長く愛用する上で非常にポイントの高いモデルだと思います。以外と他の人と被ることが少なさそう・・・。私は迷わずブラックダイヤルにします。

  • #4396

    FAT MIKE

    日付けが付いていて、シンプルな時計を探していました。このロレックス デイトジャストが自分のイメージしていたモノにピッタリ!他に金が入っている物とかも見ましたが、やっぱりシンプルが一番。使いやす時計ではないでしょうか?

この記事にレビューするには ログイン してください 。