デイトジャスト機能

Datejust Function

デイトジャスト機能

ロレックスが開発した午前0時前後に瞬時に日付が切り替わる機能で、1926年発表の「オイスターケース」、1931年発表の「パーペチュアル機構」と並びロレックス3大発明の一つに数えられている。デイトジャストの名を冠したモデルはロレックス生誕40周年を記念して1945年に発表されたが、当時は午前0時に向って徐々に日付けが変わる仕様だったと言われている。尚、瞬時に日付が切り替わる仕様まで進化したのは、10年後の1955年でRef.6305に搭載されたCal.1036からという説が有力である。

 








top フォーラム デイトジャスト機能

この記事にレビューするには ログイン してください 。