デイデイト Ref.1803/8

DAY-DATE Ref.1803/8

ロレックス デイデイト Ref.1803/8
ケース素材: 18Kイエローゴールド
ブレス素材: 18Kイエローゴールド
ブレスタイプ: プレジデントブレス
ベゼル フルーテッドベゼル
風防: プラスチック風防
ケース径: 36mm
ケース厚: 12mm
重量: 約130g
防水: 50m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1555(前期)、Cal.1556(後期)
振動数: 毎時18,000振動(前期)、毎時19,800(後期)
パワーリザーブ: 約48時間
製造期間: 1960年代~1970年代後半

 

18Kゴールド素材のみでモデル展開され、日付表示に加えフルスペルの曜日表示を備えるデイデイトは、手にしたユーザーにワンランク上のステイタスと満足を与えるだけでなく、実用性にも優れたモデルである。

Ref.1803は1950年代に流通していたファーストモデルRef.6511、セカンドモデルのRef.6611に続き、1960年代から流通が始まった。短命だったファースト、セカンドモデルに比べ10年以上の長きに渡って生産され、ヴィンテージデイデイトでは馴染みの深いモデルとなっており人気が高い。

ケース・ブレスレットには煌びやかな18Kイエローゴールドを惜しげもなく使用している。発売当時、ブレスレットはレザーストラップとデイデイト専用のプレジデントブレスの2種類がラインナップされていたが、販売国によってブレスレットのみ製造されていた。その中でもスイス製ブレスレット(通称:スイスブレス)と日本製ブレスレット(通称:ジャパンブレス)が有名である。

ムーブメントは前期型のCal.1555(毎時18,000振動)、後期型のCal.1556(毎時19,800振動)を搭載している。
風防はドーム型のプラスチックを採用しており、防水性能は50mである。

 

Ref.1803/8発売後の主なマイナーチェンジ

ムーブメント: 前期型のCal.1555(毎時18,000振動)から後期型のCal.1556(毎時19,800振動)へ変更された。
 

 








top フォーラム デイデイト Ref.1803/8

この記事にレビューするには ログイン してください 。