GMTマスター

GMT-MASTER

GMTマスターII Ref.116710LN

ロレックスがパン・アメリカン航空の国際線パイロットのために開発したGMTマスターは、異なる場所の時刻を把握できる機能を備えたロレックス唯一のパイロットウォッチである。

GMTマスターには、GMTマスターI とII の2つの系譜があり、「GMTマスターI」は異なる2つの時刻を把握可能であり、「GMTマスターII」は最大3つのタイムゾーンを把握することが可能である。(GMTマスターI は1999年に廃盤)

GMTマスターは、エクスプローラーサブマリーナーほどの人気を獲得していなかったが、2007年のステイタス性を押し出したモデルチェンジを機に現行モデルを代表する人気スポーツモデルとなった。この人気が引き金となり、旧型、ヴィンテージモデルともに再注目され、特に鮮やかなカラーリングの2トーンベゼルに人気が集中している。

 

型番一覧

現行モデル 生産中止モデル
Ref.116710LN
Ref.116710BLNR
Ref.116713LN
Ref.116718LN
Ref.16710
Ref.16713
Ref.16713RG
Ref.16718
Ref.16760
Ref.16700
Ref.16750
Ref.16758
Ref.16753
Ref.1675
Ref.1675/8
Ref.1675/3
Ref.6542

 

GMTマスターの歴史

 

1952年   パン・アメリカン航空(パンナム航空)は国際線旅客機を投入し、その運行を行うパイロットは2つのタイムゾーンを把握可能な腕時計を必要としていた。
 
1953年  

エクスプローラーサブマリーナーを発表したロレックスの実力に目を付けたパンナム航空は、ロレックスに国際線パイロットのための腕時計開発を依頼。これを機にロレックスは、新たなプロフェッショナルモデルの開発に着手することになった。

1955年  

GMTマスターのファーストモデルが発表され、パンナム航空のオフィシャルウォッチとして採用される。その後、パンナム航空での運用実績もあり、GMTマスターは他の航空会社からも公式採用されるなど、パイロットから高い評価を獲得する。また、当時、海外旅行を楽しむ富裕層からの要望によりゴールドモデルが展開されるなどステイタス性も確立した。GMTマスターは、その後もモデルチェンジを繰り返し、さらに実用性の高いモデルへと進化していく。

1982年  

3つのタイムゾーンを把握可能なGMTマスターII が誕生し、GMTマスターI との混在期へ突入する。当時は、2つのモデルを区別するため、GMTマスターI には「黒」・「赤青」ベゼルの2タイプが用意され、GMTマスターII には「赤黒」ベゼルだけが用意された。

1999年  

性能面で劣るGMTマスターI は、その歴史に終止符が打たれ、GMTマスターの系譜は、GMTマスターII が継承していくことになる。これに伴いGMTマスターI 特有のベゼルカラーであった「黒」と「赤青」ベゼルはGMTマスターII に引き継がれることとなった。

2007年   他のモデルに先駆けてベゼルにセラミック素材を採用したRef.116710LNが登場した。また、ブレスレットの中央を鏡面仕上げにしたことで、これまで以上に高級感溢れる仕上がりとなった。
本来、ステイタス性の高いモデルだったこともあり、このモデルチェンジを機にGMTマスター人気が急上昇。現在もその機能性からビジネスツールとして高い評価を獲得している。

 

GMTマスターI の系譜

Ref.16700  

製造期間:1990年頃~1999年頃
搭載ムーブメント:Cal.3175
GMTマスターII の登場により廃盤となったGMTマスターI の最終モデル。メンテナンス性と安定性に優れたムーブメントに変更され、風防にはサファイアクリスタルが採用されている。GMTマスターI だけのカラーリングだった「黒」と「赤青」ベゼルは、生産終了に伴いGMTマスターII(Ref.16710)に継承された。

Ref.16750  

製造期間:1980年~1988年頃
搭載ムーブメント:Cal.3075
セカンドモデルのスタイリングを継承したサードモデル。3000番台のムーブメントに変更され、カレンダーのクイックチェンジ機構を備え利便性が向上した。前期タイプは、夜光塗料を塗布しただけのインデックスフチなし)だが、後期タイプはメタルフレームが付く(フチあり)。アンティーク市場における人気は、フチなしタイプの方が高い。

Ref.1675  

製造期間:1960年代~1980年頃
搭載ムーブメント:Cal.1570
初代の運用データから改良が加えられたセカンドモデル。リューズガードが装備され、24時間針の先端も大型化された。生産初期には、ファーストモデルの意匠(ミラーダイヤル、ミニ針)を継承したレアモデルも存在するが、生産時期に関わらず人気が高いモデルである。

Ref.6542  

製造期間:1955年~1959年頃
搭載ムーブメント:Cal.10301066
パン・アメリカン航空の依頼を受け開発したGMTマスターのファーストモデル。リューズガードがないケースやプラスチックベゼル、ミニ針(24時間針の先端に位置する三角形が小さいタイプ)、ミラーダイヤルを備える。近年、状態の良いプラスチックベゼルは非常に希少となっており、マニア垂涎の1本となっている。

GMTマスターII の系譜

Ref.116710LN  

製造期間:2007年~
搭載ムーブメント:Cal.3186
セラミックベゼルを採用やブレスレットのリニューアルにより高級感が押し出され、GMTマスター人気の引き金となったサードモデル。2トーンベゼルが姿を消し、24時間針はグリーンに変更されるなどシックな印象が高い評価を獲得。ムーブメントには、耐磁性に優れるパラクロム製ヒゲゼンマイが採用され性能面の向上も図られている。

Ref.16710  

製造期間:1990年~2007年
搭載ムーブメント:Cal.3185Cal.3186
ファーストモデルのスタイリングを継承し、さらに高性能なムーブメントを搭載したGMTマスターII のセカンドモデル。GMTマスターI の生産終了に伴い、黒と赤青のベゼルカラーが追加された。それほど人気が高くなかった2トーンベゼルだが、生産終了に伴い人気が急上昇。特に赤青ベゼルに人気が集まっている。

Ref.16760  

製造期間:1982年~1988年
搭載ムーブメント:Cal.3085
GMTマスターI の発展型として誕生したGMTマスターII のファーストモデル。単独操作可能な短針と24時間針、回転ベゼルの組み合わせにより最大3ヵ国の時刻を把握可能としている。ベゼルカラーは、赤黒のみの展開で、同時期に販売されていたGMTマスターI(Ref.16750)と差別化が図られていた。

 








top フォーラム GMTマスター

  • #9392
    F-U のプロフィール写真
    F-U

    ずっとGMTマスターに憧れてはいましたが、知識がなかったのでとても参考になりました。
    現行モデルもかっこいいですが、旧型のモデルも気になってきました。
    このサイトを見てじっくりと考えて購入しようと思います。

  • #4367
    mohi のプロフィール写真
    mohi

    新作の青黒ベゼルも惹かれますが、やはり赤青かな・・と悩んでいます
    雑誌などを見れば見るほど、悩みが多くなってしまいます。
    116610LNを毎日のように愛用しているので、次はGMT!購入を目標に仕事を頑張るとします。

  • #4028
    01-1501 のプロフィール写真
    01-1501

    趣味が海外旅行なので思い切ってGMT-MASTER買っちゃいました!
    出かける時だけ使おうと思ってましたが、着けてみるとかっこよすぎて毎日使ってます。(笑)
    これからは少し使うペースを抑えて大事に使いたいと思います。。。(笑)

  • #3267
    TACCHAN のプロフィール写真
    TACCHAN

    バーゼルフェアで新作のGMT マスター2が発表されたのを見て赤青ベゼルに興味を持ちました。
    新作はホワイトゴールドなので買えないですが昔のモデルなら、と思い見てみたら昔のモデルもなぜか高い!!
    やっぱり人気あるんですね。一目見てペプシカラーの時計に憧れてしまいました。

  • #3191
    x5963xxxx のプロフィール写真
    x5963xxxx

    今はエクスプローラーⅠを愛用していますが、次を狙うとしたら、「赤青」ベゼルのGMTマスターにしようと考えてます。今年の新作も気になるけど、これを読んでると、古いのも歴史を感じれていいなぁと思いました。
    実はサブも気になっているんですが・・・(笑) ロレックスってどれもホント魅力ありすぎて悩みますね><;

この記事にレビューするには ログイン してください 。