GMTマスター Ref.1675/8

GMT-MASTER Ref.1675/8

ロレックス GMTマスター Ref.1675/8

ケース素材: 18Kイエローゴールド
ブレス素材: 18Kイエローゴールド
ベゼル 24時間回転ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
防水: 50m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1570
振動数: 19800振動
パワーリザーブ: 約36~48時間
製造期間: 1960年~1980年頃

 

ハイクラスなスポーツモデルとしての位置づけから、既にファーストモデルより金無垢モデルが存在していたGMTマスターI のセカンドモデル(金無垢)Ref.1675/8。
文字盤は、ブラックとブラウンの2種類が用意され、初期タイプは立体的なアップライトインデックスを備えた「通称:フジツボダイヤル」として特に人気が高い!更に初期フジツボの中でもブラウンのフジツボダイヤルはマット調の初期タイプと艶有りの後期タイプに分かれるなど、多くのパターンが存在する文字盤もこのモデルの魅力である。

1960年代から1980年代はブレスレットにも改良が施された時期であり、生産期間の長かったRef.1675系にはリベットブレス巻き込みブレス、ハードタイプといった様々なパターンのブレスが存在している。しかし、近年状態の良いリベットや巻き込みブレスが激減しており且つ、Ref.1675/8のイエローゴールド無垢ブレスの巻き込み、リベットとなればその入手は極めて困難なものとなってきている。海外ではブレスだけでも高値で取引される為、ブレスの付いてないヘッドのみでのRef.1675ならびにRef.1675/8も増えてきている

 

前モデル(Ref.6542)からの主な変更点

ケース(リューズガード): Ref.6542はリューズガードが無いが、Ref.1675Ref.1675/3 ならびにRef.1675/8からはリューズガードが付いた。
 
ムーブメント: Cal.1066からCal.1570へ変更
 
文字盤 夜光塗料がラジウムからトリチウムへ変更。

 

Ref.1675/8発売後の主なマイナーチェンジ

初期タイプにはリューズカード無しが存在していたが、その後はリューズカードが付いた。
 
初期の藤壺ダイヤルは王冠マークがアップライトであるが、後期型の王冠マークはプリントタイプである。
 
初期のブラウン藤壺ダイヤルはマット調であるが、後期は艶ありタイプとなった。
 

 

 








top フォーラム GMTマスター Ref.1675/8

この記事にレビューするには ログイン してください 。