スカイドゥエラー

SKY-DWELLER

 

ロレックス スカイドゥエラー Ref.326939ロレックス史上最高の複雑機構が搭載されたスカイドゥエラー。
42mm径のケースの中に2タイムゾーンと年次カレンダー機構を組み入れたムーブメントを搭載したモデルで、世界中を旅する旅行者や、世界を相手にビジネスを展開する人向けに造られた時計である。

スカイドゥエラーには、古代ギリシャの天文現象からインスピレーションを受けて開発された、サロスシステムと呼ばれる、ロレックスが開発した年次カレンダーが搭載されている。複雑機構の時計は、ムーブメントの構造がよりシンプルであればあるほど、堅牢性、メンテナンス性が上昇する。このサロス年次カレンダーのシンプルなつくりは他のブランドには類を見ないシンプルさである。

ヨットマスターIIベゼルムーブメントが連動する接続機構が更に進化を遂げ、リングコマンドシステムと呼ばれる、ベゼルリューズ、歯車の連動により、日付、ローカルタイム、ホームタイムの変更が出来るようになった事により、複雑時計でありながら、操作は非常にシンプルである。

24時間表記は文字盤中央の赤い▽マークで表記され、月はインデックス外周の小窓の色で表されており、極めて洗練、且つ、スタイリッシュさは他社の追随を許さない完成度である。

ロレックスの考え抜かれた堅牢性、メンテナンス性が実現し、さらに操作性、デザイン性への飽くなき開発意欲が体現したモデルといえるだろう。
現在は金無垢モデルのみとなっている。

型番一覧

Ref.326939
Ref.326139
Ref.326938
Ref.326138
Ref.326935
Ref.326135
 

 

スカイドゥエラー の歴史

2012年   ロレックス初の年次カレンダー搭載(Cal.9001)、Ref.326939Ref.326938Ref.326135が登場。1992年に発表されたヨットマスターシリーズ以来の新シリーズ誕生。新規取得5件を含む、14件の特許技術が使われており、ロレックスがComplicated Watch(複雑時計)の新しい歴史を切り拓いた。
 
2014年   Ref.326139、Ref.326138、Ref.326935が加わる。
 

 

スカイドゥエラーの系譜

Ref.326939  

製造期間:2012年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
18Kホワイトゴールドケースにブレス仕様のモデル。
14件の特許技術で作られたロレックスの技術が凝縮されている。

Ref.326938  

製造期間:2012年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
18Kイエローゴールドケースにブレス仕様。
380個ものパーツで構成され、年次カレンダー機構を持つCal.9001を搭載。

Ref.326135  

製造期間:2012年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
エバーローズゴールドケースとアリゲーターのレザー仕様。
エレガントなデザイン性を持つ、リングコマンドベゼルを採用。

Ref.326139  

製造期間:2014年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
18Kホワイトゴールドケースとブラックアリゲーターレザー仕様。
約72時間のパワーリザーブを持つ、Cal.9001を搭載。

Ref.326138  

製造期間:2014年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
18Kイエローゴールドとブラウンのアリゲーターレザー仕様。
2重反射防止コーティングのサファイアクリスタルを使用。

Ref.326935  

製造期間:2014年~
搭載ムーブメント:Cal.9001
エバーローズゴールドケースにブレス仕様。
第2時間帯を表示するGMT機能と年次カレンダーといった複雑機構を極めてシンプルな操作で操る事ができる。

 








top フォーラム スカイドゥエラー

この記事にレビューするには ログイン してください 。