サロスシステム

The Saros System

ロレックススカイドゥエラーに搭載されているムーブメント Cal.9001に用いられたシステムを指す。
Cal.9001の機構は、古代ギリシャの天文現象『サロス』にインスピレーションを受けて開発された。『サロス』という天文現象は、18年周期で太陽・地球・月が一直線に重なる現象のことで、いわゆる『日食』と『月食』のことである。
これを時計のムーブメントに落とし込む場合には、ムーブメントの中心に『太陽歯車』と呼ばれる太陽に相当する大きな歯車が配置した上で、その回りに『遊星ギア』と呼ばれる地球に相当する歯車を日付ディスクに連動させて、自転しながら太陽歯車の周りを31日で一周する構造で再現している。
遊星ギアには30日間の月を見極めるための4つの爪がある。この爪が、30日間の月となる4月・6月・9月・11月になると強い衝撃を加える構造となっている。これより31日周期のカレンダー構造でありながら、30日間の月であっても翌月の1日に進む仕組みになり、毎年2月末日に手動で日付を調整するというシンプルな操作のみで年次カレンダーを実現可能にしている。これを総称してサロスシステムという。

 








top フォーラム サロスシステム

この記事にレビューするには ログイン してください 。