サブマリーナー Ref.6536

SUBMARINER Ref.6536

ロレックス サブマリーナー Ref.6536
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 回転ベゼル
風防: ドーム型プラスチック
ケース径: 37mm
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き
キャリバー: Cal.1030
振動数: 18,000振動
パワーリザーブ: 約36~48時間
製造期間: 1950年代後半~1960年代前半

 

サブマリーナー第二世代にあたるRef.6536は、同時期に発売されていたRef.6538が200m防水だったのに対して、Ref.6536は100m防水であった。

基本的にはノンクロノメーター仕様であるが、クロノメーター仕様で文字盤にクロノメーター表記のある個体も混在している。
それ以外にも文字盤バリエーションは数種類あり、防水表記の無い個体やメーター表記が赤い個体、1955年~1965年頃の初期には「SUBMARINER」の表記が防水表記の下にある個体も存在する。

ケースの刻印においても初期と後期で異なり、初期は「6536」が上列に、「BREVET DESIGN」が下部にレイアウトされていたが、後に逆になった。
針は前モデルRef.6205後期型から継承されたベンツ針を装備し視認性が向上した。
ベゼルの素材は真鍮で横から見るとコインのようなデザイン。デリケートな素材のため、オリジナルの状態で残っている事は少ない。

近年では、Ref.6536-1として流通している個体が多いが、Ref.6536とはダイヤル径及びケースの厚みも違う。Ref.6536は同時期に発売されていたRef.6538のケースを採用しており、Ref.6536-1は薄いケースを採用。流通においてはRef.6536の方が少ないと言われている。

ムーブメントは世界初の両方向巻き上げ式を採用。それまで右回転時のみにゼンマイを巻き上げていたのに対し、左右どちらに回転しても巻き上げられるようになった。

 

前モデル(Ref.6205)からの主な変更点

ムーブメント: Cal.A260からCal.1030へと変更。

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.6536

この記事にレビューするには ログイン してください 。