サブマリーナー Ref.16800

SUBMARINER Ref.16800

ロレックス サブマリーナー Ref.16800
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 逆回転防止ベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 13mm
防水: 300m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3035
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1980年~1986年

 

サブマリーナー・デイトのセカンドモデルとして1980年に誕生したRef.16800。
ロレックスの変革期に登場した同モデルは、現代のサブマリーナーに継承される様々な仕様変更が行われた。

風防は、プラスチックからサファイアクリスタルガラスに変更され、前モデルRef.1680の200m防水から300m防水へとスペックアップした。
ムーブメントは、Cal.1570(毎時19800振動)からハイビート仕様のCal.3035(毎時28800振動)へ変更することで高い精度を実現した。Cal.3035には、クイックチェンジ(日付の早送り)機能が搭載されており、操作性も飛躍的に向上した。
また、ベゼルには、誤作動を防止するため、逆回転防止機能が付き、ダイヤルに関しても、1985年頃より夜光インデックスにメタル枠が備えられた。

無駄の無いダイバーズウォッチとしてのシンプルなデザインを受け継ぎながらも革新的な新しい技術により機能性と操作性を併せ持つ実用時計として進化を遂げたモデルがRef.16800である。

 

前モデル(Ref.1680)からの主な変更点

機能: 防水性能が200mから300mへとスペックアップ
 
ベゼル 回転ベゼルから逆回転防止ベゼルへ変更
 
ムーブメント: Cal.1570からCal.3035に変更
 
風防: 素材がプラスチックからサファイアクリスタルへ変更

 

Ref.16800発売後の主なマイナーチェンジ

1985年頃 夜光インデックスにメタル枠が付く(通称:フチあり

 

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.16800

この記事にレビューするには ログイン してください 。