サブマリーナー Ref.16613

SUBMARINER Ref.16613

ロレックス サブマリーナー Ref.16613
ケース素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレス素材: ステンレススチール+イエローゴールド
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 逆回転防止ベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 12.5mm
重量: 約135g
防水: 300m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1989年~2009年

 

ステンレスモデル同等の高い機能性に加え、ベゼルリューズブレスレットに艶やかな18Kイエローゴールドを採用しラグジュアリー感をプラスしたコンビモデルのサブマリーナーは、ステンレスモデルが人気を占める日本のスポーツロレックス市場でも別格の人気を誇る。

1989年に登場したRef.16613は、前モデルのデザインを踏襲しつつも搭載ムーブメントがテンプを1つのブリッジで支えるCal.3035からツインブリッジ化されたCal.3135に変更され、安定性・メンテナンス性の向上が図られた。
20年間という長い生産期間の中では、ブレスレットやケースのブラッシュアップや夜光塗料の変更など様々なマイナーチェンジが行われ、実用性や耐久性、高級感が向上。さらに風防6時位置の王冠の透かし(2003年)やインナーリングへのルーレット刻印(2007年)などの偽造防止策も施された。

ダイヤルは、「青サブ」と呼ばれるブルーと「黒サブ」と呼ばれるブラックの2色のバリエーションがあるが、特に「青サブ」は、スポーツモデルでは珍しいカラーリングで、圧倒的な人気を誇っている。尚、生産初期のブルーダイヤルには、「パープルダイヤル」と呼ばれる紫がかったダイヤルも存在する。
また、ラグジュアリー・ダイバーズらしくインデックスにダイヤモンドとサファイアがセットされたシャンパン、グレーダイヤルもラインナップされた。

2009年に後継機種となるRef.116613LNLBの発表により生産終了となるが、シャープなフォルムのケースやインデックスは、コンビの華やかさとマッチし、生産終了後も根強い人気を誇っている。

 

前モデル(Ref.16803)からの主な変更点

ムーブメント: Cal.3035からCal.3135へ変更

 

Ref.16613発売後の主なマイナーチェンジ

1999年 フラッシュフィット分離型から一体型へ変更。
それまでバックルはステンレス素材のみだったのが、バックル部分中央までイエローゴールドを使用に変更。
夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバへ変更。
インデックス6時下位置の表記が「SWISS-T<25」から「SWISS」へ変更。その後すぐに「SWISS MADE」へ変更。
 
2003年 サファイアクリスタル6時位置に王冠の透かし彫りが入る。
ケースサイドの時計とブレスレットを繋いでいる横穴が塞がる。
 
2007年 インナーリング(ダイヤル外周の立ち上がり部分)に「ROLEX」の文字が刻印されるようになる(ルーレット刻印)。
 

 








top フォーラム サブマリーナー Ref.16613

この記事にレビューするには ログイン してください 。