6(シックス)ドット

Exclamation Point

6ドット

ダイヤル6時側、30分のメモリに存在する小さなドットのことで、通称6(シックス)ドットと呼ばれている。 この6ドットはミラーダイヤルで、且つ通称MM(ミニッツミラーサークル)と呼ばれるダイヤル外周にサークルラインが入ったタイプの一部にその存在が確認されている。モデルとしてはアンティークのサブマリーナーGMTマスターエクスプローラーなどであるが、いずれもダイヤルがマット調になる以前の光沢のあるミラーダイヤル時代のモデルである。
通常のミラーダイヤルと比べ、6ドット付きのタイプは更に希少性が高くロレックスファン垂涎のダイヤルと言えるが、現在のアンティーク市場における評価としてはM(ミラー)ダイヤルかMM(ミニッツミラーサークル)ダイヤルかによる評価の違いはあるものの、6ドットの有無による大きな違いは見られないので、希少性の高い6ドット付きのMMダイヤルは今が狙い目であり、今後その点における評価が高まるレアポイントである。

 








top フォーラム 6(シックス)ドット

この記事にレビューするには ログイン してください 。