ロングEダイヤル

Long E

ロングEダイヤル

GMTマスターのセカンドモデルであるRef.1675のマットダイヤル初期タイプ(1967年~)に存在する文字盤の「ROLEX」の「E」の中央の線が長いダイヤル。
近年、アンティーク・スポーツモデルのダイヤルに対する細分化が進み、Ref.1675のマットダイヤルも、年代、書体等の違いによりマーク1からマーク6まで分類されるようになった。
ロングEダイヤルと呼ばれる特徴的なEの書体を有した文字盤はマーク1とマーク3の2つというのが現在の有力説である。

 








top フォーラム ロングEダイヤル

この記事にレビューするには ログイン してください 。