ムーブメント Cal.A296

Movement Cal.A296

ロレックス ムーブメント cal.A296
キャリバー: Cal.A296
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒
駆動方式: 自動巻き
調整機構: 緩急針
テンプ耐震装置: なし
石数: 18石
クロノメーター認定: ○ (Ref.6150はノンクロノメーター仕様)
パワーリザーブ: 48時間
振動数: 18,000振動/時
製造年: 1940年代~1950年代

特徴

Cal.NAから派生したさらに一回り大きいメンズサイズの10・1/2リーニュサイズ(29.5mm)の700系ムーブメント。
Cal.260の後継機種として1940年代に登場し、セミバブルバックの最終型にしてスポーツモデルの原点とされる。
角度のきつい2段階の傾斜がつけられた『ダブルアングルスロープ』と呼ばれるローターを装備し、ローター自体が重く厚いため、ムーブメント全体が分厚い。そのため裏蓋が泡のように膨らんだ形状になっている。
ローターはCal.260に続きロレックスが世界に先駆けて採用した全回転一方向巻上げ式で右回転のみである。
Cal.260に比べ、緩急針が多く露出しているのが特徴である。

 

前ムーブメント(Cal.260系)からの主な変更点

ローターの厚みが1mm程減らされた。
ローターが1段階から2段階の「ダブルアングルスロープ」に変更。

 

主な搭載モデル

・Ref.6098、Ref.6298
Ref.6150Ref.6350
Ref.6200、Ref.6105 etc.

 








top フォーラム ムーブメント Cal.A296

この記事にレビューするには ログイン してください 。