ムーブメント Cal.722-1

Movement Cal.722-1

ロレックス ムーブメント cal.722-1
キャリバー: Cal.722-1
ベースムーブメント: バルジュー社製Cal.72
機能: 時、分、秒、クロノグラフ機能
駆動方式: 手巻き
調整機構: マイクロステラスクリュー
テンプ耐震装置: キフショック
石数: 17石
クロノメーター認定: ×
パワーリザーブ: 約50時間
振動数: 18,000振動/時
製造年: 1960年代前半~1960年代中頃

特徴

Cal.72Bのマイナーチェンジ機種として1960年代前半から1960年代中頃まで、手巻きデイトナ第1世代(Ref.6239Ref.6241)と第2世代の一部機種(Ref.6240)に搭載されたムーブメント。様々なブランドのクロノグラフモデルに採用されたバルジューCal.72をベースにロレックスが独自改良を行ったCal.722-1は、調整機構に「マイクロステラスクリュー」、テンプ耐震装置に「キフショック」を搭載している。Cal.72Bとの違いは、12時間計を稼働するパーツの動力源となるバネのコンベアースプリングを新たに採用されている点が挙げられる。Cal.72Bと同様に衝撃によるヒゲゼンマイの絡みを防止するプレートが装備されているが、折れやすいという欠点があった為、途中から装備されていない機種も存在している。
一つ一つの部品に対して面取りが施されており、ムーブメントから放たれる造形美は芸術の域に達している。

 

前ムーブメント(Cal.72B)からの主な変更点

・コンベアースプリングが搭載された

 

Cal.722-1の主な仕様変更

・折れやすい欠点があった為、途中からヒゲゼンマイの絡み防止プレートがなくなった。

 

主な搭載モデル

ロレックス デイトナ
 Ref.6239(ステンレススチール)
 Ref.6240(ステンレススチール)
 Ref.6241(ステンレススチール)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.722-1

この記事にレビューするには ログイン してください 。