ムーブメント Cal.3185

Movement Cal.3185

ロレックス ムーブメント cal.3185
キャリバー: Cal.3185
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒、24時間表示、日付、デイトジャスト機能短針単独稼働、ハック機能
駆動方式: 自動巻き
調整機構: マイクロステラナット
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 31石
クロノメーター認定:
パワーリザーブ: 48時間
振動数: 28,800振動/時
製造年: 1990年~2007年頃

特徴

Cal.3085の後継機種として1990年頃に登場。セカンドGMTマスターII(Ref.16710)やエクスプローラー IIRef.16570)へ搭載された当ムーブメントは、短針単独駆動が特徴である。GMTマスターIIにおいては、両方向回転ベゼルとの併用によりサードタイムまで読み取りが可能となっている。
前ムーブメントにあたるCal.3085との違いは、テンプを支えるブリッジがシングルからツインへ変更された点と調整機構がマイクロステラスクリューからマイクロステラナットへ変更された点である。この変更により、精度面に安定性が加わり、また、あがき調整も容易に行うことが出来るためメンテナンスも有利に行えるようになった。
調整機構のマイクロステラナットにおいては、フリースプラング仕様であることから摩擦による消耗が無くなることによって耐久性が増し、且つ、耐振性においても向上している。
フリースプラング仕様はロレックス以外にもパテック・フィリップやランゲ&ゾーネ、ブレゲ等といった高級ブランド時計にも採用され、1990年代におけるムーブメントの中では、機能面と実用面の両面において最高クラスのムーブメントと言える。

 

前ムーブメント(Cal.3085)からの主な変更点

・調整機構がマイクロステラスクリューからマイクロステラナットへ変更された
・受け石が27石から31石へ変更された
テンプがシングルブリッジからツインブリッジへ変更され、精度の安定性向上とあがき調整が容易に行えるようになった

 

主な搭載モデル

ロレックス エクスプローラーII
 Ref.16570(ステンレススチール)

ロレックス GMTマスターII
 Ref.16710(ステンレススチール)
 Ref.16713(ステンレススチール+18Kイエローゴールド)
 Ref.16718(18Kイエローゴールド)
 








top フォーラム ムーブメント Cal.3185

この記事にレビューするには ログイン してください 。