ムーブメント Cal.3085

Movement Cal.3085

ロレックス ムーブメント cal.3085
キャリバー: Cal.3085
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒、24時間表示、日付、デイトジャスト機能、短針単独稼働、ハック機能
駆動方式: 自動巻き
調整機構: マイクロステラスクリュー
テンプ耐震装置: キフ・ウルトラフレックス
石数: 27石
クロノメーター認定:
パワーリザーブ: 約48時間
振動数: 28,800振動/時
製造年: 1983年~1988年頃

特徴

初の短針単独稼働を備え、Cal.3075の上位機種として1983年頃に登場。初代GMTマスターII(Ref.16760)やエクスプローラー IIRef.16550)へ搭載された当ムーブメントは、短針単独駆動が特徴である。両方向回転ベゼルとの併用によりサードタイムまで読み取りが可能となり、GMTマスターI(ツータイム表示可能)の上位機種として並行して市場へ流通した。
また、Cal.3085は緩急針と呼ばれる精度を調整する針のないフリースプラングの採用により、摩擦によるヒゲゼンマイの劣化抑制や耐衝撃性に優れ、シングルブリッジ仕様のCal.3000系の中でも高性能な機種として位置付けられている。

 

主な搭載モデル

Ref.16550(ステンレススチール)
Ref.16760(ステンレススチール)

 








top フォーラム ムーブメント Cal.3085

この記事にレビューするには ログイン してください 。