ムーブメント Cal.1030

Movement Cal.1030

ロレックス ムーブメント cal.1030
キャリバー: Cal.1030
ベースムーブメント: ロレックス
機能: 時、分、秒
駆動方式: 自動巻き
調整機構: 緩急針
テンプ耐震装置: フラワーキフ
石数: 25石
クロノメーター認定: ○(Ref.6536は一部を除きノンクロノメーターのCal.1030を搭載)
パワーリザーブ: 約48時間
振動数: 18,000振動/時
製造年: 1950年代~1960年代

特徴

ノンデイトモデルのベーシックキャリバーとして1950年代に登場したCal.1030は、世界初の両方向巻上げ式ムーブメントである。
これにより、従来右方向への回転時のみ巻き上げていたゼンマイが、左右どちらの回転時にも巻き上げることが出来るようになり、巻き上げ効率の飛躍的アップに繋がった。

さらにローターの回転効率を上げる為の工夫が中心部に穴を開けたバタフライローターであり、美しいローターデザインに注目が集まることが多いが、実は外周に対して中心部を軽くすることでローター自体の回転効率を上げ、巻き上げ効率のアップに貢献している。

サブマリーナーのセカンドモデルであるRef.6536に搭載されたのを皮切りに、エクスプローラーI(Ref.6610)サブマリーナー(Ref.6538)などの当時を代表するスポーツモデルに採用された優れたムーブメントである。

 

前ムーブメント(Cal.600系)からの主な変更点

全回転両方向巻上げとなった。

 

主な搭載モデル

ロレックス サブマリーナー
 Ref.6536Ref.6538(ステンレススチール)

ロレックス エクスプローラーI
 Ref.6610(ステンレススチール)

ロレックス GMTマスター
 Ref.6542(ステンレススチール)








top フォーラム ムーブメント Cal.1030

この記事にレビューするには ログイン してください 。