マキシダイヤル

Maxi Dial

マキシダイヤル

文字盤インデックスのドット部分が通常よりもやや大きく表示されたものをマキシダイヤルと呼ぶ。
1970年代後半~1980年代前半に見られ、主にサブマリーナー(Ref.5513)フチなしインデックスに多く確認出来る。
また、マキシダイヤルの中でもインデックスのドット部分と分刻みのメモリがくっついているものを『通称:ロリポップ』と呼ぶ。

 








top フォーラム マキシダイヤル

この記事にレビューするには ログイン してください 。