マイクロステラナット

Micro Stella Nut

マイクロステラナット

ロレックスが独自に開発した機構の1つで、テンプを構成する部品の一部であるテンワの内側に備え付けられている大小合わせて4つの星型(ステラ)のナットのことを指す。マイクロステラスクリューとは異なり、ナットがテンプの内側に付けられた理由とは稼働中のテンプに対してより空気抵抗の影響を軽減させ、テンワの径そのものを大きくすることで精度の安定を図る為である。このマイクロステラナットはムーブメントケースから取り出すことなく調整する事が可能という利点を持ち合わせている。調整の際には専用の工具お用いてナットを回し、テンプの比重バランスを変えて進みや遅れに対する制度の高い調整を行う事が可能となった。
マイクロステラナットは、Cal.3100系のムーブメントより採用され始め、クロノグラフムーブメントは、Cal.4030より採用されている。

 








top フォーラム マイクロステラナット

この記事にレビューするには ログイン してください 。