フジツボ

Nipple Indices

フジツボ 

1960年代から1980年代にかけて製造されたロレックスGMTマスターサブマリーナーに存在する特殊なアップライトインデックスを備えるダイヤル。
インデックス枠のイエローゴールド部分が大きく、夜光塗料の面積が非常に小さいため、海岸の岩場に生息するフジツボのように見える事から通称「フジツボ」ダイヤルと呼ばれている。海外では「ニップル」ダイヤルと呼ばれている。
フジツボダイヤルに採用される12時位置の王冠マークは、アップライトタイプとプリントタイプに分かれ、1980年代になるとプリントタイプに変更されるモデルも存在する。
フジツボダイヤルは、コンビネーションモデルとゴールドモデル(Ref.1680/8Ref.16803Ref.16808Ref.1675/8Ref.1675/3
Ref.16753Ref.16758)のみに存在し、その仕様から時計の高級感を一層高め、さらに希少性が高いため、世界中のコレクターから支持されている。

 








top フォーラム フジツボ

この記事にレビューするには ログイン してください 。