エル・プリメロ

El Primero

エル・プリメロ

ゼニスがモバードと共同で開発し、1969年に発表した世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントがエル・プリメロ。エル・プリメロ(El Primero)とはエスペラント語で「No.1」や「第1の」を意味する。毎時36,000振動(10振動)というハイビート仕様でかつ50時間のパワーリザーブを誇る傑作で、40年以上経った現在でもクロノグラフムーブメントの世界最高峰と呼ばれている。
エル・プリメロにはロレックスも着目。デイトナ用の自動巻きクロノグラフムーブメントを開発していた ロレックス は、エル・プリメロと自社開発のムーブメントを比較。結果として自社開発を諦め、エル・プリメロに独自のリファインを加えた自動巻きクロノグラフムーブメントCal.4030を完成させる。この Cal.4030 を搭載したのがRef.16520をはじめとした5桁リファレンスのデイトナである。以降、2000年にロレックスが自社開発に成功したムーブメント Cal.4130がリリースされるまで、デイトナにはエル・プリメロベースのムーブメントが搭載され続ける。

 








top フォーラム エル・プリメロ

この記事にレビューするには ログイン してください 。