高精度クロノメーター

Superlative Chronometer

 

2015年にロレックスが定めた独自の精度規格。

この規格は、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)が定めた基準よりも厳しく設定されており、ムーブメントのみが対象ではなく、実際の使用状況を考慮した検査が実施される。

COSCでの検査をパスした上で、ムーブメントをケーシングし、完全に組み立てられた時計としての検査(精度・パワーリザーブ・防水性能など)を行うことで、着用時における最高の精度を保証している。平均日差は、-2~+2秒以内に調整されており、クロノメーター基準の2倍に匹敵する。
実用性を踏まえたロレックスの新基準により、これまで以上に精度と信頼性が増し、その証としてクロノメータータグがレッドからグリーンに変更された。

 








top フォーラム 高精度クロノメーター

この記事にレビューするには ログイン してください 。