緩急針調整用窓


緩急針調整用窓

ローターや地板で覆われていた1950年代頃のセミバブルバックに搭載されたムーブメントの時間調整機である緩急針を操作する為に、針先のみ見えるように空いている調整用の穴の事。ムーブメントの精度が上がり緩急針の調整をする必要がなくなるにつれ、小型化されていった。

 








top フォーラム 緩急針調整用窓

この記事にレビューするには ログイン してください 。