オイスター パーペチュアル レディ

OYSTER PERPETUAL LADY

ロレックス オイスター パーペチュアル レディ Ref.176200

世界に名立たるロレックスの原点を現在に伝えるモデルがオイスター パーペチュアル
ロレックス3大発明のうち「オイスターケース」と「パーペチュアル」の2つを搭載したオイスター パーペチュアルは防水・防塵ケースの自動巻き時計を意味 する。このモデルをベースとし、後にエクスプローラーサブマリーナーミルガウスなどプロフェッショナル用モデルのリリースに繋がっていく。

 

型番一覧

現行モデル 生産終了モデル
Ref.176200
Ref.176210
Ref.176234
Ref.176234G
Ref.76080
Ref.76030
Ref.79160
Ref.79190
Ref.79240
Ref.79163
Ref.67180
Ref.67183
Ref.69190
Ref.69193
Ref.6919
Ref.6917
Ref.6804
Ref.6724
Ref.6723
Ref.6721
Ref.6719
Ref.6718
Ref.6623
Ref.6619
Ref.6618
Ref.6525
Ref.6519
Ref.6517
Ref.6516
Ref.6509
Ref.6505
Ref.6504
Ref.6411
Ref.6410
Ref.6303
Ref.6285
Ref.6268
Ref.5004
Ref.5003
Ref.5002
Ref.3869
Ref.3486
Ref.3626 など

 

オイスター パーペチュアルの歴史

1926年 ロレックス3大発明の1つ「オイスターケース」が開発される。
元々はオイスター・ウォッチカンパニーが開発した時計用防水ケースで、金属の塊を削りだし作成したもの。これにねじ込み式のリューズとスクリュー式の裏蓋を組み合わせた完全防水のケース。これにより世界初の防水時計を完成させ、スイスで特許を取得した。
 
1931年 ロレックス3大発明の1つ「パーペチュアル」が開発される。
ロレックスが開発した自動巻き機構のこと。ローターが360度回転する世界初の機構で、パーペチュアルは永久を意味する。
 
1933年 「パーペチュアル」の特許を取得。「オイスターケース」と組み合わせ、オイスターパーペチュアルが誕生する。裏蓋が泡(バブル)状に膨らんでいた為、 通称“バブルバック”と呼ばれるようになった。1950年代に入るとケース径を大きくし裏蓋の膨らみを抑えた「セミバブル」と呼ばれるものも登場。1955年頃まで20年間以上製造は続いた。文字盤と針のバリエーションが豊富なことから、現在ではコレクターからの人気が高い。
 
1947年 アメリカ空軍のチャック・イェーガーが『オイスターパーペチュアル』を着用して、人類初の音速飛行に成功する。
 
  その後、1950年代に入りカレンダー機能付きの『オイスターパーペチュアルデイト』が誕生。発売当初は搭載されていなかったが、現在はロレックス3大発明の残り1つ「デイトジャスト機構」も装備されており、リーズナブルな価格設定ながらハイスペックな高性能モデルである。

 

オイスター パーペチュアルの系譜

通称“バブルバック”
Ref.3869・5002・5003など
  製造期間:1933年~1950年頃
搭載ムーブメント:Cal.7-3/4 など
ケースサイズ:22mm~24mm
 
通称“セミバブルバック”
(国内の造語の可能性有)
Ref.6525・6523・6516・6303・6285・6268など
 
  製造期間:1950年頃~1955年頃
搭載ムーブメント:Cal.1100・1160など
ケースサイズ:22mm~24mm
1956年~
Ref.6919・6917・6804・6724・6723・6721・6719・6718
6623・6619・6618・6519・6517・6509・6505・6504・6411
6410・5004・3486
 
 

インデックスはバー、ローマ数字、アラビア数字の他、これら3種が組み合わさったユニークダイヤルと呼ばれるもの、ドット型やダイヤを埋め込んだものなど全種の把握が難しいほど。ダイヤルデザインもツートンやサイエンティフィック、海図をイメージしたテクニカルダイヤル、スモールセコンド付や24時間表記付、赤い秒針のものなどバリエーションは多彩。また、ケースやリューズベゼルのデザインや素材の組み合わせも豊富で、ラグとケースを繋ぐ部分にフードを装着したフーデットモデルと呼ばれるものもあり、ポリッシュ仕様のベーシックなタイプの他、貝殻の様な形状をしたシェルフーデットが存在。フーデットモデルは個性的なデザインが好まれた北米・南米向けに開発されたが不評に終り生産本数が少なく、現在となって希少性が増している。特にシェルフルーデッドはバブルバックとの相性も良く、希少価値が高い。

20年以上製造が続いたバブルバックは自動巻き機構(ムーヴメント)の進化により、裏蓋の形状を大きく3つに分類される。

【1930年代 初期型】裏蓋の表面がフラット。ケース・ベゼル・裏蓋の3ピース構造。

【1940年代 中期型】ローターの改良により、裏蓋の外周が曲面になる。
ケース・裏蓋の2ピース構造。

【1940年代 後期型】ローターがさらに改良。裏蓋外周の曲面がさらに大きくなる。
この後、ムーヴメントの小型化が進み、1955年にバブルバックの製造が終了する

【1950年代~1960年代】
搭載ムーブメント:Cal.1160・1130・2030など
インデックスの種類はバー・クサビ型・アラビア数字・369の他、0時位置の王冠マークと11個のドットが組み合わさったデザインで、アメリカ市場向けに製造されたゼファーダイヤル。世界的に数が少ないと言われている、トリプルカレンダー ムーンフェイズや星型をした通称“スターダイアル”など、バブルバック程ではないがバリエーションが豊富にある。
 

1980年代~
Ref.671806718369190・69193など
  搭載ムーブメント:Cal.2130
この年代あたりから現行モデルに近い、アラビア数字の369やプリントローマダイヤルなどが定番化してくる。ダイヤルカラーは主に「ブラック」「シルバー」「ホワイト」「ピンク」「ブルー」が主流になっている。
ただ、この年代のモデルは極めて流通量が少ない。
 
1999年~2006年
Ref.76080760307919079160など
  搭載ムーブメント:Cal.2230
先代モデルと見た目・ダイヤルカラーなども似ているが、このモデルからOYPPレディースの流通量が増大。
また、サファイアクリスタルへの王冠マークの透かし彫りが入ったのも、このモデルからとなる。
また、Ref.79160などのレディースOYPP・DATE(オイスターパーペチュアルデイト)はこのモデルまでの生産となり、生産終了後はモデル名を「デイトジャスト」(Ref.179160)に変更になった為、現行モデルではレディースのOYPP・DATEは存在が無い。
 
2007年~現在
Ref.176200176210176234176234G
  搭載ムーブメント:Cal.2231
ケースサイズが2ミリ大きくなりダイヤルバリエーション(11Pダイヤなど)も新たに追加された。また、ブレスのコマ中部分が無垢タイプになった点や、バックル・ケースの形状なども厚みを増すなど様々な改良がある。
また、このモデルからクロノメーター公認となった。
 

 








top フォーラム オイスター パーペチュアル レディ

この記事にレビューするには ログイン してください 。