エクスプローラーII Ref.1655

EXPLORER II Ref.1655

ロレックス エクスプローラーII Ref.1655

ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル 24時間ベゼル
風防: プラスチック
ケース径: 40mm
ケース厚: 15mm
重量: 約115g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.1570
振動数: 19,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1971年~1987年

 

山岳・洞窟探検などで過酷な自然に挑む冒険家をサポートするため、エクスプローラーIの上級機種として開発され、1971年に登場したエクスプローラーIIのファーストモデル。

極めて堅牢なケースに24時間目盛りが付いたベゼル、リューズガードを標準装備。大きな三角が付いた24時間針、デイト機構も搭載し、昼夜の区別もつかないような条件下での使用に適した機能性の高さを誇る。
デザイン上のポイントにもなる24時間針の夜光塗料色は、薄暗い中、あるいは懐中電灯の元での視認性を考慮したものとなっている。パンフレットにはレッドと記載されているが、試行錯誤の末の変更か経年劣化による退色なのか塗りなおしの結果なのか、実際にはレッド・オレンジ・イエローのカラーが存在する。他のアンティークモデル同様、諸説あるがやはり確認のすべはない。

製造から1年程までの最初期は「マークI」ダイヤルと呼ばれ、ダイヤル上の王冠マークやロゴなどの表記が若干小さく、秒針にドットが無い「ストレート」な針であった。ビジュアル的にも美しくアンティークとしての価値も高い。

1972年頃からは、視認性向上のため夜光塗料が塗布されたドットが付いた秒針に変更され、ダイヤルの表記も大きく改良された「マークII」ダイヤルとなる。

「マークI」ダイヤルに次いで人気が高いとされる「マークIII 」。最大の特徴はダイヤル上のクロノメーター表記が「センタースプリット」だという点である。1974年頃から1977年頃の間に個体に確認がされている。

 

Ref.1655の主なマイナーチェンジ

マークI ダイヤル: 王冠マークやロゴの表記などが小振りで、秒針に夜光がのっていない通称「ストレート針」が特徴。
またベゼル表記が文字盤側に寄っているのも特徴。
ストレート針:秒針に丸いドット(夜光塗料)がない針を指す。
 
マークII ダイヤル: ロゴなどの表記がマークIと比べ大きくなっている。ベゼル表記も中央に近い位置にあるのが特徴。
 
マークIII ダイヤル: ダイヤルの王冠マークが若干横長であることと文字盤下部のクロノメーター表記が中央部分で分かれているのが特徴。通称「センタースプリット」と言われる希少性の高い仕様。
※センタースプリット:文字盤下部のクロノメーター表記が中央で分かれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マークI ベゼル ベゼルの目盛りが太く文字盤側へ寄っている。
 
マークIIベゼル ベゼルの目盛りはマークI同様太いタイプだが、表記はベゼルの中央に表記されている。
 
1980年代からベゼル書体が細くなる

 

 








top フォーラム エクスプローラーII Ref.1655

この記事にレビューするには ログイン してください 。