エクスプローラーI Ref.14270

EXPLORER I Ref.14270

ロレックス エクスプローラーI Ref.14270

ダイヤル: ブラック
ケース素材: ステンレススチール
ブレス素材: ステンレススチール
ブレスタイプ: オイスターブレス
ベゼル スムースベゼル
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 36mm
ケース厚: 11.5mm
重量: 約103g
防水: 100m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3000
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 1990年~2001年

 

先代のRef.1016からフルモデルチェンジし大きな進化を遂げたRef.14270。
内部には当時の最先端技術を投入した高振動自動巻きムーブメント、Cal.3000を搭載。
風防はプラスチック素材から圧倒的な強度を誇るサファイアクリスタルを採用。
ダイヤルもインデックス、および基盤のカラーも艶と深みのあるブラックになり、フラットでシャープな印象を併せ持つデザインとなった。

発売当初はその大きく変貌したデザインに不評の声が多かったが、1990年代後半からのロレックス大ブームの波に乗ってブレイク。某人気アイドルグループの一人がドラマの中で着用したこともあり、その人気は揺るぎない確実なものとなった。

また、このRef.14270にはレアダイヤルが存在する。
初期生産分であるシリアルナンバーが”E”と”X”にのみ存在し、通称「ブラックアウト」と呼ばれている。
その特徴は、インデックスの「369」に白いラインが無く、メタルの数字が剥き出しのタイプとブラックのラインが入っているタイプの2種類ある。
さらには、当初は王冠マークのロゴなどのダイヤル表記がシルバーカラーだったということから、厳密には下記の3タイプの確認がされている。
1.メタル369(ライン無し)+シルバー表記
2.ブラックライン369+シルバー表記
3.ブラックライン369+ホワイト表記

 

前モデル(Ref.1016)からの主な変更点

ムーブメント: Cal.1560Cal.1570からCal.3000に変更。
振動数が毎秒5.5振動から8振動に。
 
風防: 素材がプラスチックからサファイアクリスタルに変更。
 
ブレスレット インデックスにメタルの縁取りが施された。"369"には夜光塗料が塗られずメタルの内側には白いラインが入る。

 

Ref.14270の主なマイナーチェンジ

1995~1996年
 
ブレスレットのバックルがシングルロックからダブルロックに変更。
ケースサイドの時計とブレスレットを繋いでいる横穴が塞がる。
 
1999年頃 インデックスの夜光塗料がトリチウムからスーパールミノバに変更。
それに伴い、ダイヤル6時位置の表記も変わる。

 








top フォーラム エクスプローラーI Ref.14270

  • #8300
    yokkii のプロフィール写真
    yokkii

    以前から探していたシングルロックのRef.14270を遂にゲットしました。
    ずっと探していたので、とても満足しています!!
    次は店員さんに教えてもらったレアモデルRef.14270のブラックアウトを考えてます。

  • #4263
    5513mf のプロフィール写真
    5513mf

    最終のP品番を愛用しています。選んだ決め手はずばり見た目のカッコよさ、あとは冠婚葬祭どんな場面でも着けられるところでしょうか。かなり傷だらけですが、これも味だと思って毎日ガンガン使ってます!!最近ドラマで主人公が着けていて再ブレイクの予感がしますね。

  • #3328
    ytak0425 のプロフィール写真
    ytak0425

    初ロレックスとして購入してから早17年。3度のオーバーホールを経て今でも正確に時を刻んでます。
    36mmのケース径は腕周りが細いわたしにとってジャストサイズでした。日付のないシンプルな文字盤に369の数字がマッチしていてカッコいいの一言です。数あるモデルの中でも見やすさとデザイン性の高さはピカイチですね。

この記事にレビューするには ログイン してください 。