ウイルスドルフ&デイビス社

Wilsdorf and Davis Co.

 

1905年5月、ハンス・ウイルスドルフがロンドンのハットンガーデンに義兄弟デイビスとともに設立した時計商社。
当初はジャン・エグラーの機械を輸入して時計を製造販売した。
その後、第一次世界大戦下において、「ウイルスドルフ」が敵国であるドイツ語の名称であり、イギリスへの輸出へ支障があるため、社名を「ロレックスウォッチカンパニー」へ改名した。

 








top フォーラム ウイルスドルフ&デイビス社

この記事にレビューするには ログイン してください 。